« ■綿矢りさに芥川賞 | トップページ | ■おいしいイタリアン »

2004.01.17

■マリー・アントワネットの首飾り

 フランス革命前夜の裏面史。事実に基づいているという。感想割愛。
 それにしても、枢機卿が生涯「不信心」であったことを「不心身」だったと出す締めくくり部分の字幕は、かなり致命的。そんな単語、あれへんやん。だいち、読み方も違うやん、古語じゃあるまいし。どうやったらこんな誤植できるん?
 キャラからして、一瞬「不死身」だったのかと勘違いした。だいたい、映画の字幕ってひどすぎる。字幕に頼って見てるんだから、もう少し何とかして欲しい。

(The Affair of the Necklace, 2001 U.S.A.)

|

« ■綿矢りさに芥川賞 | トップページ | ■おいしいイタリアン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/110133

この記事へのトラックバック一覧です: ■マリー・アントワネットの首飾り:

« ■綿矢りさに芥川賞 | トップページ | ■おいしいイタリアン »