« ◆真の継体天皇陵 | トップページ | ◆「誰からも愛された牛丼」 »

2004.02.11

◆ブリジット・ジョーンズの日記

 登場人物の英語に違和感があると思っていたら、イギリス映画のようだ。相手役のコリン・ファースなど、絵に描いたようないやらしいオックスフォードイングリッシュに聞こえた(ケンブリッジ出身という設定だったけど)。アメリカ映画ばかり見てるからなあ・・・
 人気を博したらしい理由がわかるようなわからないような。個人的には、この映画を楽しむには年を取りすぎているかも。あと、誤解されるのを厭わずいえば、やっぱり女性向きかな。
 主役のレニー・ゼルウィガー はこの役のためにあれほど太ったらしい。大したものだ。太っただけで胸がああなるとは思えないのだが、あれはフェイクなのか。
 それにしても、この映画のどこがR指定なのか理解に苦しむ。

(Bridget Jones's Diary, 2001 U.K.)

|

« ◆真の継体天皇陵 | トップページ | ◆「誰からも愛された牛丼」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/187375

この記事へのトラックバック一覧です: ◆ブリジット・ジョーンズの日記:

» 『ブリジット・ジョーンズの日記』@米・英国映画1 [すとっく☆すとっく ~めざせサーファー主夫]
「ブリジット・ジョーンズの日記」/米・英国/2001年/97分 英題:Bridg [続きを読む]

受信: 2005.03.22 15:30

« ◆真の継体天皇陵 | トップページ | ◆「誰からも愛された牛丼」 »