« ◆「誰からも愛された牛丼」 | トップページ | ◆エースをねらえ! »

2004.02.12

◆劣化ウラン弾と狂牛病

 黒陣馬(ってなんてお読みするんですか)さんがはるか「帝国」から帰ってこられた。向こうでは誰も狂牛病など気にするふうもなく、相変わらずの牛肉大量消費が続いているという
 あまり神経質になるのもどうかとは思うが、あまり気にしなさ過ぎるのも問題だ。

 ことの重大さに比して報道は小さいが、現在のイラクにおける最大の問題は、もしかすると、アメリカが2度の戦争で大量に使用した劣化ウラン弾による放射線被害かもしれない。すでに、イラクでは、自然とはかけ離れた高率で障碍を抱えた子どもたちが次々と誕生している。もちろん、ガン患者も増えている。湾岸戦争から帰還した米兵にも、多数の被害者が出ている。
 にもかかわらず、アメリカはこれらと劣化ウラン弾の因果関係をまだ認めておらず、今回の戦争でも相変わらず使用したという。信じられない無神経さだ。
 政権の都合で認めないのもわからないではないが、その背後には、「気にしない文化」があるような気がして仕方がない。狂牛病も、もうちょっとぐらいは気にした方がいいと思うのだが。

|

« ◆「誰からも愛された牛丼」 | トップページ | ◆エースをねらえ! »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/189985

この記事へのトラックバック一覧です: ◆劣化ウラン弾と狂牛病:

» アメリカの食肉処理の現場で内部告発が続いている [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
昨年の、米国最大食肉加工企業のタイソン社労組の内部告発や農水省への陳情書提出、米国食肉検査官組合の告発などに引き続き、米国は内部告発が続いているようです。 ■(4/9)「米農務省はBSE秘匿の疑い」元食肉検査官が告発 http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?i=2005040904373bs&c=0 現地時間の4月12日に、カナダで公聴会と、プレスカンファレンスがあるそうです。 詳細は【笹山登生の掲示板】の発言[1... [続きを読む]

受信: 2005.05.12 20:01

« ◆「誰からも愛された牛丼」 | トップページ | ◆エースをねらえ! »