« ★飲食店って | トップページ | ★文章力がなくて »

2004.04.11

★異文化理解の困難は

言語の非疎通性にあるのではない。思考回路・論理回路の非疎通性にある。あるいはまた、それぞれの belief(信仰ともいうべき信念)にある。日本語を操る、小泉純一郎や石原慎太郎や上祐史浩などの各氏とよりは、今回、3人の人質を解放するという声明を出した「卑劣なテロリスト」との方が、話が通じるような気がする。
 当初、彼らを「卑劣なテロリスト」だと思っていた。だがしかし、声明文を読む限り、そうではないのかもしれないという気がしてきた。もし今度は「大方の予想を裏切って」本当に人質が無事解放されたとしたら、彼らはもしかすると、やむにやまれず自分たちにできる方法で立ち上がらざるをえなかった良心的な人々なのかもしれないと思う。モスクに爆弾を落とすなどして、相変わらず、侵略先の他国で非戦闘員の殺戮行為を繰り返すアメリカと、その追随勢力への哀しい抵抗の形として仕方なく・・・。
 それにしても、声明文の思考回路・論理回路が気にかかる。ただ1箇所を除き、西洋的高等教育(この場合には日本も当てはまる)を受けた人物のそれに見えるからだ。(あ、小泉も石原も上祐も(以上敬称略)受けてるんだっけ。教育を受けたからといって、その教育が目標とする思考回路が身に付くわけでもないんだ・・・) 原理主義的テロリストは、このようには考えない。彼らはいったい、どういう人たちなのだろう。

|

« ★飲食店って | トップページ | ★文章力がなくて »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/426800

この記事へのトラックバック一覧です: ★異文化理解の困難は:

» イラク問題について,ふたことめ [ぽた郎の超軟弱形而上日記]
イラクで人質になっていた方々5人が相次いで解放されました。ひとまず解決,ということで日本中に安堵感が漂っているようです。と同時に,待ってましたとばかりの自己責任... [続きを読む]

受信: 2004.04.18 13:59

« ★飲食店って | トップページ | ★文章力がなくて »