« ■遠慮深い客 | トップページ | ■保津川・京都・三川合流 »

2004.05.26

■立ちふさがる邪魔者・・・BMW

 片側3車線の高速道路。そこそこの交通量。一番右側を走っていると、数台後ろに赤色灯をつけた覆面パトカーを発見。そのうちサイレンも聞こえてきた。真ん中の車線に寄って道を空ける。しばらくして、黒のBMW(320i)とパトカーが右側を抜いていった。が、それほど速い速度ではない。どうも、BMWがパトカーの前を塞いでいるみたいなのだ。速度取り締まり用の覆面でもなさそうだし、そういう雰囲気でもない。おもしろそうなので、後をついていく。
 サイレンを鳴らし、赤色灯をつけたパトカーにぴったりと後ろにつけられても、BMWは一番右側の追い越し車線を悠然と進んでいく。15km/hぐらいは速度違反をしているかもしれないが、何せ片側3車線、大きな問題ではない。
 そのうち、パトカーがスピーカーでなにやら怒鳴り始めた。後ろだし、車間距離を開けているのでよくは聞こえないが、要するに「道を空けろ」と言ってるらしい。が、まだそのまま。しびれを切らしたパトカーがいったん左側に出る。が、すぐ前に別の車が現れ、諦めてまた追い越し車線に戻る。怒鳴り続けるパトカー。
 やっとBMWが気づいて道を空けたころには、優に1分ぐらいは経っていたのではないだろうか(たかが1分ですが、長いですよ)。
 その後、追い抜きざまに見てみると、BMWのドライバーは30代ぐらいのヌボーっとした女性。隣には配偶者とおぼしき男性。後ろにはどちらかの両親とおぼしき高齢者。しかしまあ、4人もいてだれも気づかなかったのかね。

 私は、自分より速い車が後ろから来れば、状況が許す限り道を空けるようにしている。これは片側1車線でもそうだ。逆に、追い越し車線を低速で巡航する車に阻まれ、そのマナーの悪さに閉口することも多い。「ヨーロッパでは」と、嫌味な愚痴が出るのはそういうときだ。山道を20〜30km/hぐらいで走行しながら、頑なに道を譲らないドライバーにも辟易する。
 ただ、今まで、あくまでも道を譲らないドライバーの意地の悪さに憤っていたが、今日の経験からすると、彼(女)らは、後ろに車がいることにすら気づいていないのではないだろうか???
 だったら、即刻運転免許を返上せよ、と言いたい。真面目な話。

 それにしても、BMWなんだから、「駆け抜ける歓び」を感じさせてよ。立ちふさがる邪魔者にならずに・・・

|

« ■遠慮深い客 | トップページ | ■保津川・京都・三川合流 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 ワー、おもしろい。
きっとその方、覆面パトというものをよくご存じなかったのでしょうね。
 ちなみに、「ヨーロッパでは」というちょっとイヤミ?なお話もきかせてください。

投稿: 椿 | 2004.05.26 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/659418

この記事へのトラックバック一覧です: ■立ちふさがる邪魔者・・・BMW:

» ちゃんと後ろも見てBMWを運転しよう [BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ]
空と旅と風景とさんのBlogから。 BMWなんだから、「駆け抜ける歓び」を感じさせてよ。立ちふさがる邪魔者にならずに・・・ BMWおたっきーずの読者... [続きを読む]

受信: 2004.05.31 20:30

« ■遠慮深い客 | トップページ | ■保津川・京都・三川合流 »