« ■タイムラグ | トップページ | ◆ウォークマンの修理 »

2004.06.01

◆珍しくトンカツなぞ食べると

 昼食に入った店でのこと。湯呑み茶碗になにやら字が書いてある。そこら中の字を読むのが趣味のような私は、もちろん、きちんと全部読んだ。以下のような処世訓であった(順番は怪しいがほぼ原文通り)
=====
 人生の修行

 苦しいこともあるだろう
 泣きたいこともあるだろう
 不満なこともあるだろう
 腹の立つこともあるだろう
 つらいこともあるだろう

 それらをこらえていくのが人生の修行である
=====
 いや、それはもしかしたらそうなのかもしれませんが、昼飯にトンカツを食いながら湯呑みに説教されたくはない。何でこんな辛気くさい湯呑みを使っているのかよくわからない。客を暗い気分にさせたいのだろうか。

|

« ■タイムラグ | トップページ | ◆ウォークマンの修理 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/692447

この記事へのトラックバック一覧です: ◆珍しくトンカツなぞ食べると:

« ■タイムラグ | トップページ | ◆ウォークマンの修理 »