« ■リサイクルプロペラで風力発電 | トップページ | ◆達成 »

2004.10.01

◆オマエに大臣をくれてやったのではない

 森喜朗・前総理大臣が今回の閣僚人事にご立腹だそうだ。それは別にご自由に。だが、その言い分がふるっている。

「だれが(閣僚を)5人もくれと言ったのか。私は極めて不愉快。ありがた迷惑だ」(asahi.com)

 森派から5人入閣したことについて言っているわけだが、だれもオマエに大臣ポストをくれてやったりしたわけではない。コイツの頭の中はどうなっているのか。まあ、以前からとんでもない人物であることは周知のことで、今さらの感はあるけれど、いつまで恥を垂れ流し続ければ気が済むのか。

 もちろん、小泉首相を評価しているわけではない。でも、出身派閥のボス(=森前首相)と比べると、立派に見えてくるから困ったものだ。
 もしかすると、それを狙ってのパフォーマンスですか、森さん(笑)

|

« ■リサイクルプロペラで風力発電 | トップページ | ◆達成 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まぁ、政府として「IT」を推進するといいながら、「イット」と読んだ人ですからね。きっと脳みその皺が絶滅の危機に瀕しているのでしょう。

投稿: morio | 2004.10.01 01:22

 森さんも「it」という単語はご存じのようで、安心しました。
 それにしても、小泉さんの派閥力学を無視した閣僚の起用には驚かされますね。あの人だからこそ、森派から5人も入閣しても、我田引水ではなく、偶然なのだろうと納得できます。
 なんでも、大臣就任を打診した相手が「派閥に相談してから」と返事すると、その場で「ではもうけっこう」と言い放ったそうです。ものすごいリーダーシップというか唯我独尊というか・・・
 それで大臣を逃した人、誰か知りませんが、初入閣だとしたら浮かばれませんね・・・ まあ、どうでもいいけど。

投稿: Wind Calm | 2004.10.01 19:52

Wind Calmさん、初めまして。イメカさんのとこから飛んできました。

森喜朗氏については、総理時代に、分かってないなりに「アイテー、アイテー」と叫んだことで、政府のIT意識が高まったという評価もあるみたいですね(^-^;)

ただ、今回の発言は、私もテレビでみてて、「まあた何言ってんだコイツ」と思いました。政治だけじゃないですけど、ホント派閥ってくだらないですね。政治家には行政以外の発言はしてもらいたくないです…。

投稿: Fozy | 2004.10.09 03:06

 国の行政を預かる大臣というポストを、自分(の派閥)にくれたのくれないのという発想が許せません。ただ、それを選んだのは「国民」です。石川県の皆さん、こういう人に議席を与えないよう、がんばってくださいね。
 福岡の皆さんはがんばったのに、落選させた候補が「首相補佐官」に任命されたりする(山崎拓氏ね)のでやってられないですが・・・

投稿: Wind Calm | 2004.10.09 11:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/1562131

この記事へのトラックバック一覧です: ◆オマエに大臣をくれてやったのではない:

« ■リサイクルプロペラで風力発電 | トップページ | ◆達成 »