« ◆イン・ザ・カット | トップページ | ◆ジャンボジェットが都心を低空飛行 »

2004.10.17

◆イン・ザ・カット(続き)

 続きを書くほどのことはない。ごめんなさい。「今日はここまで」と書いた手前、書くだけです、すみません。

 ただのサスペンスではなく「エロチックサスペンス」であるらしい。まあそうかなあ、裸も見せるし、表情も動きも蠱惑的だ。メグ・ライアンがこんなに乱れるのは、たぶん、初めてだろう。でも、メグに魅力がないのか、私が年を取ったからなのか、その種のシーンに惹かれることはなかった。たぶん理由は後者だろう、喜ぶべきか悲しむべきかわからないけれど。

 DVDをイマドキのパソコンの解像度で見ると、距離が近いせいもあって、テレビとは比べものにならぬほど、細かいところまでよく見える。うぶ毛、毛穴、シワ、肌の質感、クスミ、シミ、ホクロ、衰え、ハリ、化粧のノリ・・・ 女優がハイビジョンを嫌うのがよくわかる。
 いや、だからメグに欲情しなかったのではない。こちらが枯れたのだろうと思う。

 閑話休題。「芸術作品」だと言ったが、私のレベルでは感性だけで「納得」することが難しかった。自分なりに解釈を与え、それを「理解」して、そういうことが描きたかったのね、という理屈っぽい流れになってしまい、世界にのめり込むことが難しい。人の解釈を教えてもらいたくもなる。見終わったので、morioさんちの評論を読ませてもらおうと思っている。

 そうそう、やたらにアウトフォーカスとか、被写界深度の浅さとかを多用した映画だった。映画を見るとき、そういうことはほとんど意識しない(できない)タイプなのだが、今回はすごく目についた。もちろん意図的なことだろう。何を意図しているのかは直感的に解釈できないし、考えるのはめんどくさいので、誰か教えてください(笑)

In the Cut, 2004 U.S.A.)

|

« ◆イン・ザ・カット | トップページ | ◆ジャンボジェットが都心を低空飛行 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/1706255

この記事へのトラックバック一覧です: ◆イン・ザ・カット(続き):

» 新作DVD紹介「イン・ザ・カット」 ☆☆☆ [とにかく新作映画を観て紹介する人柱的ブログ]
 ジェーン・カンピオンという女性監督を知っているでしょうか。「ピアノレッスン」でカンヌ映画祭のパルムドールをはじめとして、アカデミー賞助演女優賞、脚本賞などを受... [続きを読む]

受信: 2004.11.12 20:18

« ◆イン・ザ・カット | トップページ | ◆ジャンボジェットが都心を低空飛行 »