« ■悪いことはできませんね | トップページ | ■平城宮跡北側で鳥見 »

2005.05.12

■出会えたことが

幸せに思える映画がたまにある。幸運にも、二つ続けてそういう映画にあたった。まったく性格の違う作品なんだけれど。

『ターミナル』 トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、スティーブン・スピルバーグ監督
『白いカラス』 アンソニー・ホプキンス、ニコール・キッドマン、エド・ハリス、ゲイリー・シニーズ

・・・どちらも世間(日本のネット掲示板)の評価は高くないようですね。私に見る目がないとは思いたくありませんが。

(The Terminal, 2004 U.S.A.)
(The Human Stain, 2003 U.S.A., Germany, France)

|

« ■悪いことはできませんね | トップページ | ■平城宮跡北側で鳥見 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私も「ターミナル」は観たい映画です。近々レンタルしようと思っていました。
音楽や映画の評価で、「世間」という単位での評価は、「個人」の感受性が相殺されてしまうので、私はあまり信用していません(笑)。

観るのが益々楽しみになりました♪

投稿: マルコ | 2005.05.14 19:42

珍しく2回見ました。2度目には、見落としていたおもしろさなども多数発見できて、まだまだ(わたしにとっての)隠れた美点がありそうな映画です。音声を録音して寝ながら聞いたりしています ^^;

投稿: Wind Calm | 2005.05.15 23:00

こんにちは!
いつもコメント@opinionありがとうございます。

白いカラス、とても心が動かされた映画です。
もう1個のブログからトラックバックさせていただきました。
よろしくお願いします。

投稿: 黒猫のみわ | 2005.05.18 07:24

 「もう1個のブログ」存じませんでした。失礼しました。これから拝見するようにします。
 今後ともよろしくお願いします。

投稿: Wind Calm | 2005.05.19 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/4097800

この記事へのトラックバック一覧です: ■出会えたことが:

» 白いカラス〜The Human Stain〜 [えんため日記]
この映画は、絶対に観にいってください。 映画の主人公は、元大学教授のユダヤ人。spookというたった一言で職を失ってしまいます。この言葉は、幽霊を指すのですが、俗語として、アフリカ系の人達への蔑称としても使われ、そのことから人種差別を行ったとされたのです。文脈を見る限り、欠席が続く学生を幽霊呼ばわりしただけなのですが、なにぶん舞台は、アメリカが「政治的に正しい言葉」にこだわっていた1990年代後半... [続きを読む]

受信: 2005.05.18 07:26

» 「The Terminal」観ました [☆hiropechi blog☆]
レンタル屋さんに通い続けて1週間ほど。 やっと、借りる事が出来た「The Terminal」。 なかなか楽しく観る事が出来たのだが、 「この映画、ユナイテッド航空の宣伝映画????」 と、思わせるほどにユナイテッド航空が出て来たのには驚いた。 以前にも、 トム・ハンクスは“フェデックス”のコマーシ...... [続きを読む]

受信: 2005.05.22 00:45

« ■悪いことはできませんね | トップページ | ■平城宮跡北側で鳥見 »