« ■競争社会 | トップページ | ■追悼:後藤田正晴 »

2005.09.19

■高齢化社会とエレベータ

 65歳以上の高齢者人口が2割に達したという。実に5人に1人ということになる。

 もっと恐ろしいのは、たった10年後には、4人に1人になると予想されていることだ。

 それはそれ。

 新幹線の駅。車椅子を老妻に押してもらっている夫が、エスカレータの前で降りる。杖にすがって何とか立ち、かろうじて歩を進める程度のことはできるらしい。押しのけるように前に入った男に続き、危なっかしくエスカレータに乗る。
 老婦人は夫の乗っていた車椅子を折りたたみ、やや苦労してそれを段の右側に乗せると、自身もエスカレータの一段下、左側に乗った。

 ほんの2〜3秒後、車椅子が落ちそうになり、それを支えようとした老婦人は後ろへ倒れそうになる。右側に置いた車椅子に手が行っていて、ベルトをつかんではいない。車椅子もろとも、後ろへ倒れるしかない状況だった。

 あのまま後ろへ倒れていれば、少なくとも大怪我は免れない。夫人は入院、夫は介護者を失って生活できなくなっただろう。あるいは、子ども夫婦に父母双方を介護する重圧がかかり、親子2つの家庭がともに崩壊したかもしれない。

 ・・・エスカレータで1人がよろめいたぐらいのことで。

 なぜか、こんなこともあろうかという気がして後ろについていたために、右手で車椅子を、左手で夫人を止めることができ、事なきを得た。

 珍しく、人ごととは思えなかった。
 移動を楽にするためだけではなく、危険を少なくするためにも、エレベータの設置を進めてほしいと切に思った。新幹線の駅だけではなく。

|

« ■競争社会 | トップページ | ■追悼:後藤田正晴 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございました。

エレベータもエスカレータもない地元の駅。
高齢化が進んでいる地方の方が、高齢者に優しくないんですよね。(焦)

誰もが安心して出かけられる街になって欲しいと、切に思う今日この頃です。

投稿: 黒猫のみわ | 2005.09.19 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/6020121

この記事へのトラックバック一覧です: ■高齢化社会とエレベータ:

» 5人に1人が [opinion]
65歳以上だそうです。今日、9月19日は敬老の日。それに合わせて総務省から発表さ [続きを読む]

受信: 2005.09.19 22:17

« ■競争社会 | トップページ | ■追悼:後藤田正晴 »