« ■アメリカという国 | トップページ | ■自作パスタがうまい »

2005.09.29

■眼鏡が壊れたぐらいで

緊急事態。眼鏡が使えなければ、パソコンのモニタも見えず本も読めず、もちろん仕事にならない。クルマに乗ることもできなくて、眼鏡屋に行くことすらできない。歩くのだってどうだか。

 その頼みの眼鏡屋も、電話すると「メーカに出すので1週間程度かかります」とか「作業によっては3週間」とか、とんでもないことを言う。それは要するに、「今すぐ新しい眼鏡を買わなければどうにもならない」というのと同義だ。たとえそうするにしても、今日すぐ新しいのを作れるのか?

 その場で修理してくれる眼鏡屋をやっと見つけたが、モノによっては難しいかも、と自信なさそうである。幸い、なんとか使うことはできたので、クルマに乗ってその眼鏡屋へ向かう。初めての店だが、ボランティアのような値段で修理してくれてほっとする。

 予備の眼鏡があったのだが、フライト用の濃いサングラスにしてしまった。昼間の運転ぐらいには使えるものの、とても仕事にかけていけるようなものではない。

 それにしても、たかが眼鏡が壊れたぐらいでこれほど困るとは・・・ 自分が視覚障碍者であることに改めて気づかされた。

 なくて困るものの筆頭は、クルマでもパソコンでも電話でもなく、間違いなく眼鏡だということがわかった。

 驚くのは・・・、壊れてみないとそんなことにも気づかないことである。

|

« ■アメリカという国 | トップページ | ■自作パスタがうまい »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/6164666

この記事へのトラックバック一覧です: ■眼鏡が壊れたぐらいで:

« ■アメリカという国 | トップページ | ■自作パスタがうまい »