« ●十月桜 | トップページ | ●内臓肉と脂肪を混ぜて「ステーキ」 »

2005.11.14

●近すぎる秘境(その2)

20051113Looptunnel2
 かなり以前に、「近すぎる秘境(その1)」を書いた。それきり半ば忘れていたのだが、その秘境の上を飛んで思い出した。
 日本一の多雨地帯としても有名な大台ヶ原を訪れるには、奈良吉野から、対向車とのすれ違いも困難な国道を、山裾を縫うようにくねくねと走り続けなければならなかった。つい十数年前のことだ。
 それが今では写真(長大なトンネルと橋を組み合わせて360°ループで高低差を稼ぐ)のような高規格道路ができ、ハイウェイ気分であっという間に行くことができる。先日も書いたが、この南を走っている行者還林道も、とうとう国道になってしまった。

 いいことなのかもしれないが、アクセスが楽なところはもはや秘境ではない。同じ場所を訪れても、かつてはあった高揚感がかなり減殺されてしまっている。

 話は同じような違うような・・・
 飛行機に乗るようになってから、大台ヶ原の上を飛ぶのが夢だった。空域の制限が気になっていたのと、雲が出ると恐いこともあって今まで果たせなかった。
 だが、いざ飛んでみると、なんと30分で現場に到着(計算通りだが)。夢にまで見た空からの大台ヶ原や大蛇グラ(JIS外字)のありがたみも、「中ぐらゐなりおらが秋」であった・・・

|

« ●十月桜 | トップページ | ●内臓肉と脂肪を混ぜて「ステーキ」 »

環境・自然」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/7109168

この記事へのトラックバック一覧です: ●近すぎる秘境(その2):

« ●十月桜 | トップページ | ●内臓肉と脂肪を混ぜて「ステーキ」 »