« ■現実としての大雪 | トップページ | ■電気ジャーポット »

2006.01.11

■シュワちゃん無免許

 映画俳優として著名なアメリカ・カリフォルニア州知事、アーノルド・シュワルツェネッガー氏がオートバイ事故を起こした件で、何と氏が無免許であったことがわかったという。

 確か、以前にもオートバイ事故を起こしていたはずだが、その時には無免許はわからなかったのだろうか。いくらアメリカとはいえ、あまりにも杜撰な話だ。

 情報は錯綜しているようだが、「ヨーロッパで二輪免許を持っているので」、「自動車免許で運転できると思っていたので」あるいは「オートバイがサイドカー付きだったので」、ともかくもアメリカでの二輪車免許の取得は「思いもつかなかった」という。

 映画「ターミネーター」シリーズでもオートバイに乗っていたが、あれも無免許だったということになる。サイドカーもなかった。
 スタントマンの運転や、特殊効果・CGもあるだろうが、氏の運転もあっただろう。

 ほとんどあらゆる資格は国境を越えれば無効である。有効にするには、最低でもそれなりの手続きが必要だ。そんなことを気にもかけないシュワちゃんは、根っからのコスモポリタンなのか、それとも単に愚かなのか・・・

|

« ■現実としての大雪 | トップページ | ■電気ジャーポット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/8118221

この記事へのトラックバック一覧です: ■シュワちゃん無免許:

« ■現実としての大雪 | トップページ | ■電気ジャーポット »