« ■得られた幸せ逃す幸せ | トップページ | ■キッチン四季 »

2006.01.07

■ロスト・イン・トランスレーション

 ソフィア・コッポラ監督、ビル・マーレー、スカーレット・ヨハンソン。

 日本を舞台にしたハリウッド映画?の中では1番だと思う。もちろん細かい突っ込みは入れたくなるが、それは瑣事である。

 日本語話者のために、日本向けDVDには日本語の台詞部分だけを韓国語に吹き替えるモードがあってもいいと思う(←この意味はご覧になればわかります)が、それは望みすぎか。

 蛇足ながら、見終わった後でも映画の題名の正確な意味がわからない。いや、これは内容と題名の相関がどうだとか難しいことを言っているのではなくて、単にどう訳せばいいのかわからないだけ。だれか教えてください。

(Lost in Translation, 2003 U.S.A., Japan)

|

« ■得られた幸せ逃す幸せ | トップページ | ■キッチン四季 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
日本版は韓国語吹き替えもあったんですね!?へぇ~。
題名もどう関係あるか知りたいですが、
最後ななんてささやいたのかもしりたいです。

投稿: きよ | 2006.01.18 19:06

 コメントありがとうございます。韓国語吹き替えはなかったと思います。
 日本語のわからない主人公たちや鑑賞者の視点に立てるように、日本語のわかる人向けに、日本語部分を韓国語(など)に吹き替えたモードがあればよかった、という意味で書きました(まだわかりにくいですね)。
 日本語の台詞の意味がわかってしまうと、be lost できないんですよね・・・

投稿: Wind Calm | 2006.01.18 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/8043472

この記事へのトラックバック一覧です: ■ロスト・イン・トランスレーション:

» 『ロスト・イン・トランスレーション』 ソフィア・コッポラ:「フシギの国ニッポン」映画 その1 [~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録]
自分はドイツ人の知人の勧めで観てみました。 「既に人生を使い切ってしまった」映画スターの主人公、そして、自分の人生の意義を見つけられないまま、いたずらに時間を浪費しつづけるヒロイン。それぞれ、はた目には何不自由なくゴージャスな暮らしを満喫しているんです..... [続きを読む]

受信: 2006.01.07 16:03

» 『MON−ZEN(Erleuchtung Garantiert)』 ドーリス・デリエ:「フシギの国ニッポン」映画 その2 [~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録]
『ロスト・イン・トランスレーション』を観た後でブーブー言ってた自分に、ドイツ知人が薦めてくれたのがこのドイツ映画です。 概要については、こちらを参照していただくとよろしいかと思います。 「不思議都市」東京を起点に、行き詰まった人生を打開するための「自分..... [続きを読む]

受信: 2006.01.07 16:06

» 「ロスト・イン・トランスレーション」-Lost In Translation- DVDで鑑賞 [映画って素晴らしいもん]
私のほしい物リストに入れてたこの映画、レンタルでやっと観ました。持ってるのが中国語なんだもん・・・(;;) ソフィア・コッポラの感受性豊かな視点、私は大好きです。 『ヴァージン・スーサイズ』に続いてこの作品は2作目。この映画もストーリーというより雰囲気。....... [続きを読む]

受信: 2006.01.18 19:07

« ■得られた幸せ逃す幸せ | トップページ | ■キッチン四季 »