« ●悲惨なる一族 最終回 | トップページ | ●春協奏 »

2007.03.24

●カワウを狩猟鳥に?

 ●跋扈する黒い鳥というエントリを書いたのがつい5日前。

 そのカワウを狩猟鳥にする方針を環境省が決めたという。ハンターに殺してもらって減らしたいらしい。(asahi.com)

 たしかにカワウの跋扈は目に余るが、一時は絶滅まで心配された鳥だ。本当に大丈夫なのだろうか。

 昔、トキ汁、という料理があったという。おいしかったらしい。
 もちろん、あのニッポニア・ニッポンのことである。朱鷺色(ときいろ)の羽めあてにも乱獲され、環境破壊とあいまって日本では絶滅に追い込まれた。

 幸い、カワウの肉はまずいそうなので(だれが食べたんだろう?)、大丈夫かもしれない。でも、そういう問題なのかなあとも思う。

 ともあれ、カワウの数を減らすために狩猟鳥に指定するというのは、どう評価すべきなのかよくわからない。鉛玉をばらまくとすれば、それはもちろん反対だけど(最近は鉛玉禁止なのかな?)

 それよりも、すでに狩猟鳥に指定されている、ヤマドリやウズラやキジなんかを狩猟鳥から外してほしい。カモだってどうかと思う。

 ヤマドリやウズラなんか、必死でバードウォッチングをしている人でさえ、滅多に見られないほどの鳥だ。それを鉄砲で撃って殺すなんて・・・ ありえない、としか言いようがない。

 幸い、カワウを狩猟鳥にすると同時に、ウズラは5年間捕獲禁止にする方針だという。5年間といわず永久に禁止してほしい。ヤマドリも。

 キジだって、いちおう国鳥なのだ。
 ほんとかどうか知らないが、国鳥を鉄砲で殺しまくっている(狩猟鳥としている)国など、日本だけだという。「だけ」かどうかは措くとして、ほとんどないのは事実だろう。まさに「恥ずかしい国」だ。

 『華麗なる一族』をきっかけにキジ撃ちが流行ったりしないようにも、切に願う。

|

« ●悲惨なる一族 最終回 | トップページ | ●春協奏 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

環境・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/14372853

この記事へのトラックバック一覧です: ●カワウを狩猟鳥に?:

« ●悲惨なる一族 最終回 | トップページ | ●春協奏 »