« ■また白馬(その2) | トップページ | ■曇りのない眼 »

2007.09.14

■ブラッド・ダイヤモンド

 サスペンスとしても社会派としてもラブストーリーとしても秀逸。父と息子の物語としても。

 映画的なご都合主義には目をつぶって素直に劇中に身を投じてほしい。

 アフリカの美しい映像の中で繰り広げられる現実・・・

 これぞ映画だ、と思う。

(Blood Diamond, 2006 U.S.A.)

 蛇足:ジェニファー・コネリー、綺麗になったなあ・・・ 別人かと思った。眉毛の立派さは相変わらずだけど。

|

« ■また白馬(その2) | トップページ | ■曇りのない眼 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/16449999

この記事へのトラックバック一覧です: ■ブラッド・ダイヤモンド:

« ■また白馬(その2) | トップページ | ■曇りのない眼 »