« ■そしてカード破産? | トップページ | ■今度は母子家庭 »

2008.01.29

■雨が降ると・・・

 雨が降ると、テレビ大阪(地デジ・室内アンテナ)がちゃんと受信できない。他はOK。

 以前にも同じことがあったが、特に大雨だったからだろうと思っていた。今日はせいぜいでしとしとだった。ほとんど降っていないと言ってもいいような時間に放送を録画したのだが、それにブロックノイズが入り、途切れたりする。

 まさか、雲だけで電波がさえぎられるとも思えないんだけど。

|

« ■そしてカード破産? | トップページ | ■今度は母子家庭 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

そうですか、地デジでそのような症状は初めて聞きました。
SHFの帯域(BSやCSの帯域)ではよく発生しますが、UHFでも起きるのかなあ?
要は、雨粒の間隔が電波の波長に近くなると伝搬に影響が出始めるからです。
室内アンテナということですので、建物が湿って遮蔽(シールド)効果が多少出てきたのか?
デジタルの場合アナログと違って画面のノイズの出方がかなり変わります。
途切れるということは電界強度が弱くなったか、外来ノイズ成分が発生した場合が考えられます。

投稿: Kan | 2008.01.29 23:19

 ありがとうございます。もしかして専門家ですか?
 まな板のような形をしたアンテナを壁にぴったりとくっつけており、壁紙・石膏ボード・断熱材・外壁材などが電波をさえぎっています。雨が降ると、どれかが湿ったりすることが影響するのかもしれません。
 天気のいい時はどのチャンネルも感度60(何が60なのかわかりませんが)ぐらいの「緑」で安定しているのですが、先日の大雨の時は出力の弱いテレビ大阪だけが40台後半の「黄色」でした。
 当面はそれほど困りませんが、また何かの折にはご相談に乗っていただければ幸いです。

投稿: Wind Calm | 2008.01.31 20:22

テレビ大阪だけ電界強度が低くなることで理由がわかりました。
屋外の高い位置にアンテナを上げると解決すると思います。
40(単位はdBだと思います)ですので現在微妙な電界強度であることがわかります。
雨が降るとこの値がふらついているのだと思います。
室内アンテナしか利用できないのであれば現在使われているアンテナよりもう少しゲイン(利得)の高いアンテナに変えれば解決できるかもしれません。あるいは、取り付ける場所を変えてみて50〜60になるようになればよくなるかもしれません。
因に、紹介が遅れましたが、私は、貴殿がつかわれているデジカメやパソコンのS社に勤務しています。

投稿: Kan | 2008.02.02 10:03

 ありがとうございます。が、アンテナは綺麗におさまってるし、番組にそれほどの執着もないので、当面は現状のまま使います。せっかくお教えいただいたのにすみません。
 S社とは・・・ その他にもいろいろ愛用しております。子どものころからの憧れでもあります。洗濯機とか冷蔵庫とか掃除機とかも作ってくれればいいのにと思います(笑)
 新しくT社のレコーダを買って、「ユーザインターフェイス」というものについて考えさせられました。古いS社の方が圧倒的に優れているのです(もちろん、細かい改善提案はできそうですが)。あまりにも優れているので、マニュアルを見たこともほとんどありません。
 今回はそうはいきません。ちょっとしたことがことごとく直感的にはできず、苦労します。最初は機械が多機能な上に私が操作体系に不慣れなのが原因かと思いましたが、冷静に分析するとそうではなく、マンマシンインターフェイスのデザインが悪いという結論に達しました。
 まあ、会社単位の問題ではなく開発チームのしかも一部のことなのかもしれませんが、同じ家電でこれほど使い勝手が違うのは驚きでした。

投稿: Wind Calm | 2008.02.03 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/17890940

この記事へのトラックバック一覧です: ■雨が降ると・・・:

« ■そしてカード破産? | トップページ | ■今度は母子家庭 »