« ◆ちょっと降りすぎ | トップページ | ◆美しき飛翔 »

2008.02.10

◆バスは動かず

 昨夕は結局、駅からの路線バスが運休していたからといって、息子は歩いて帰ってきた。

 玄関で出迎え、「はよ上がり」というと、「上がられへん」という。足がぐしょぐしょに濡れているのだ。雑巾(元はおむつ)を2つ取りに戻る。
 しきりに寒い寒いと言っている。

 すぐに熱い湯を浴びたいというので、風呂場へ向かわせるが、今度は服が脱げないという。「手がかじかんで動かへん」。
 ボタンを外してやるのなんて何年ぶりだろう。そういえば、なかなかボタンが留められるようにならなかったなあ。

 そもそも、外を歩くことなど想定していない服装で出かけたのだ。出がけに「膝かけにもなるから、コートぐらい着て行きなさい」と着せておいてよかった。

 うちは辺鄙なところにあるので、駅から歩くと小一時間かかる。しかも昨日はべちゃべちゃの雪道だ。

 こんなこともあろうかと、いつでも連絡しなさいと、電話番号を3つも書いて渡した上に、私はずっと自宅待機していたのだ(映画見ながら・・・)。

 なのに寒い雪道を1時間も歩いてくるなんて、どう考えてもアホである。

 息子の性格からして、「親に迷惑をかける」ことを遠慮したのはわかるが、そもそも朝も送っていってやったし、こういう時に迎えに行くのはむしろ喜びであり醍醐味なのである。そこのところをわかれよ。

 「運動になると思って」などというのだが、何もこんな日に運動しなくてもよい。「滑って」転んだりしたらどうするんだ。受験の帰りだというのに。

 確かに、ちょっとした試練の日、そして思い出の日にはなっただろう。まあ大したことじゃないけれど。

|

« ◆ちょっと降りすぎ | トップページ | ◆美しき飛翔 »

教育・育児」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/40067115

この記事へのトラックバック一覧です: ◆バスは動かず:

« ◆ちょっと降りすぎ | トップページ | ◆美しき飛翔 »