« ●給湯器交換完了 | トップページ | ●ソファーも »

2008.03.31

●部下手当30万円

 「マンション分譲大手の日本綜合地所(東京)は4月から、管理職を対象に部下との会食や冠婚葬祭の費用として「部下手当」を導入する」(朝日新聞)のだそうだ。

 その金額が、部長級で部下20人以上の人が30万円。「副課長」でも10〜15万円・・・

 この記事を読んだ時、当然のことながら年額だと思った。だが何と、「月額」なのだという。

 毎月30万円を「通常の給与の一部として支給する」のだそうだ。

 どれだけ儲けてんねん。

 その30万円を使って、これからは思う存分部下と飲みに行ったりできるわけだが、これまではいったいどうしていたんだろう?
 まさか、いくら何でも、毎月部下に30万円自腹で奢っていた上司がいるとは思えないんだけど・・・

 してみれば、接待費などの名目で経費として違法に落としていたか、それほど使う必要はなかったか、その両方だったかのどれかだろう。

 これからは毎月、30万円も使うのだろうか?

 経費で落とすとか接待で飲むとかタクシーチケットで帰るとか、そういうのとはまったく無縁の生活をしている者にとっては、何にせよ、別世界の出来事である。

 それにしても、部下に奢るために本来の給与とは別にもらうお金が年額360万円。

 それだけの年収すらない人が、勤労者の半数以上だと思うんだけど・・・

|

« ●給湯器交換完了 | トップページ | ●ソファーも »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/40706884

この記事へのトラックバック一覧です: ●部下手当30万円:

« ●給湯器交換完了 | トップページ | ●ソファーも »