« ■田舎者の悲哀 | トップページ | ■それはそれとして・・・ »

2008.05.26

■可哀想な「ひかり」

 京都から新横浜へ向かうときの話。

 最寄り駅で新幹線の切符を買おうとすると、「京都53分発の「のぞみ」は今からですとぎりぎりになってしまいますので、次の時間の16分発の「のぞみ」でよろしいでしょうか」。

 係員は、作り笑顔に見えない若い女性だ。

 女性職員を駅や列車で見かけるようになったころから、ちょうど電車にほとんど乗らなくなったので、未だに何だか新鮮である。

 新幹線の発車間隔が23分なんてありえない。それぐらい、田舎者の私にもわかる。それとも、新横浜に止まる新幹線が少ないのかな?

 いずれにせよ、京都駅で20何分も待つのは避けたい。

 「あのぅ、その間に出る電車はないんですか?」
 「あ、はい、えっと、あるにはあるんですが、「ひかり」になってしまいます」

 ・・・ひかりになってしまいます・・・

 「えっと、あの、「ひかり」って遅いんですか?」
 「はい。後の「のぞみ」に抜かれてしまいますので」

 新幹線に乗ってしまえば、快適な車内で景色を見るなり本を読むなり眠るなり、好きに過ごすことができる。少々遅くてもかまわない。

 「あ、それはかまいませんので、それで」
 「はい、かしこまりました。では、56分発の「ひかり」でよろしいでしょうか」
 「ええ、お願いします」

 「のぞみ」の3分後には「ひかり」が出るのである。オマエは地下鉄か。

 ギリギリだという「のぞみ」と3分しか違わなくて大丈夫なのだろうかとちょっと思ったが、京都駅では実際、53分に乗ろうと思うとまさにぎりぎりで、56分だとちょうどゆったり向かえるのであった。

 こういう時間管理においては、毎日のように利用していた国鉄時代からよく感銘を受けたものである。それが悪い方に作用して、例の尼崎の事故なんかを起こしたわけだけれど。
 ___

 確かに「ひかり」は遅かった。浜松だの静岡だのに止まったりするし(ちょっと驚いた)、気づいただけで2台の「のぞみ」に抜かれた。少なくとも、16分発のさらに次の「のぞみ」にも抜かれたということになる。

 とはいっても、確か2時間30分はかからなかったと思う。2人席の窓側は満席でとれなかったのだが、この雨ではどうせ富士は望めないし、結果として3人席を一人で利用できてよかった。

 「隣煙車」だったので少々タバコ臭いことを除けば、すこぶる快適で仕事もはかどった。
 ___

 それにしても、「のぞみ」というのは、「「ひかり」より速い特別な新幹線」ではなかったのか。

 いつの間にか、「のぞみ」こそがごくふつうの新幹線になり、「ひかり」は遅い列車の名称になってしまっている。

 可哀想な「ひかり」・・・

 特別急行(特急)ばかりになって急行がほとんどなくなり、新快速がふつうになって快速は各停に毛の生えたような存在に成り下がってしまったのと軌を一にしている。

 まあ、そういう文化だというのはわかる。

 「お前」も「あなた」も「貴様」も、もはや往年の高貴さや婉曲さを完全に失ってしまっているし、「デラックス」というのは、最下級ランクの車を表す名前になり下がった後、姿を消してしまった(と思う)。

 でも、「ひかり」に対しても同様の仕打ちをしたのは失敗だろう。

 まあ、何となれば、最初の時点でこれ以上ない速さを名称にしてしまったのがそもそもの間違いなんだけど、当時の日本の熱狂と将来への期待を思えば、その命名もわからないではない。

 「ひかり」より速い新幹線の登場時、命名には困っただろうとは思う。

 しかしながら、希望というのは、つましい方が麗しい。

 「ひかり」より速いのが「のぞみ」だなんて、高望みもいいところである。
 いっそのこと、「ワープ」にでもすればよかったのに。

|

« ■田舎者の悲哀 | トップページ | ■それはそれとして・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「ひかり」自由席の愛用者です。
この単身赴任の8年間、毎週のように京都と東京を「ひかり」で行き来しています。「のぞみ」は年に1回乗るか乗らないかになりました。
「のぞみ」では長時間の読書はできませんが、「ひかり」ではできます。
揺れが違うからです。
これには、個人差があるでしょうが、私はこの違いを実感しています。
「のぞみ」の小刻みな振動は、私には耐えられなくなりました。
iPodで音楽を聴くのにはいいでしょうが、「のぞみ」で映画は無理でした。
字幕付き洋画などは、すぐに寝てしまいます。
高齢者で読書派には「ひかり」がお勧めです。

発車のベルが鳴っていても、「ひかり」の自由席なら飛び乗っても座れます。
3人席の真ん中が、必ず空いています。
これまでに、外れたことは一度だけです。しかし、30分後には座れました。乗り降りが多いからです。

ちなみに、京都と東京間の「ひかり」は、30分に1本です。

投稿: harimao | 2008.05.27 13:37

 コメントありがとうございます。
 私の乗ったのぞみはすこぶる快適で、行きのひかりとの違いは感じられませんでした。N700系とか700系とか500系とか300系とか、車両によっても違うんでしょうね。
 いろいろ試せるほど乗る機会がないのが残念です。

 winter-cosmos様からは「こだま」という選択肢も教えていただきました。のんびり本や書類を読むにはいいかもしれません。

>高齢者で読書派には「ひかり」がお勧めです。

 さすがに「高齢者」ではありませんので・・・
(harimao様も違うと思うのですが・・・)

投稿: Wind Calm | 2008.05.28 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/41329523

この記事へのトラックバック一覧です: ■可哀想な「ひかり」:

» 道祖神の手招き [緑の森を楽しく歩いた]
 夕べはいつも利用する出張パックのパンフレットを眺めて、次の旅行のことを考えてい [続きを読む]

受信: 2008.05.28 19:45

« ■田舎者の悲哀 | トップページ | ■それはそれとして・・・ »