« ●6月も・・・ | トップページ | ●ひさびさの近未来 »

2008.07.03

●お勧めの映画

 比較的最近見た映画から、お勧めのものをリストアップします。手抜きですみません。

 あ、最近見たといっても、すべてDVDですので、現在映画館ではやっていないと思います。

アポカリプト(Apocalypto, 2006 U.S.A.)
 メル・ギブソン監督。
 マヤ文明時代とおぼしき中米を描く。全編先住民語でやっているらしいのがすごい。
 マヤ文明の描かれ方にやや疑問残るのと、物語的お約束が目につくのとを除けば、ものすごい傑作だと思う。予備知識なしで見た意外なエンディングも素晴らしかった。
 ただし、残虐な映像が苦手な方にはつらいかも。

ラットレース(Rat Race, 2001 U.S.A.)
 既述

グッドシェパード(The Good Shepherd, 2006 U.S.A.)
 フランシス・フォード・コッポラ製作総指揮、ロバート・デ・ニーロ監督・出演。
 CIA成立前からキューバ侵攻失敗までを、時間を行きつ戻りつしながら描く。いい映画だと思うが、ひたすら暗くなる。

キングダム/見えざる敵(The Kingdom, 2007 U.S.A.)
 ピーター・バーグ製作・監督
 サウジアラビアで起こったテロ事件の捜査に乗り出すFBI。単にアメリカの正義を振りかざすだけではないことを示すラストシーンが、ただのポーズでないことを祈る。

ギルバート・グレイプ(What's Eating Gilbert Grape, 1993 U.S.A.)
 ジョニー・デップ主演、レオナルド・ディカプリオ出演。
 動けないほど太りすぎた母親と知的障碍のある弟とを持つ青年の日常と恋。

ダーウィン・アワード(The Darwin Awards, 2006 U.S.A.)
 馬鹿馬鹿しい死に方をしたためにその愚かな自分の遺伝子を残せず、結果として人類の進化に貢献したとして贈られる「ダーウィン賞」。映画の中で描かれた死に方をした人たちが実際に存在するというのが一番すごい。
 蛇足:award をアワードとか、warning をワーニングとか、はっきり間違っているといえるようなカナ表記・発音はやめてほしい。war(戦争)はワーですか?

シャーロット・グレイ(Charlotte Gray, 2001 G.B., Germany, Australia)
 ケイト・ブランシェット主演。
 第二次大戦中、ヴィシー傀儡政権下の南フランスへ、レジスタンスに協力するために派遣された女スパイ。ヴィシー政権下のフランスを描いた映画って初めて見たような気がする。

ロンリーハート(Lonely Hearts, 2006 U.S.A., Germany)
 ジョン・トラボルタ主演。
 だれもが寂しい心を抱えて生きていくんですね・・・

|

« ●6月も・・・ | トップページ | ●ひさびさの近未来 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/41726415

この記事へのトラックバック一覧です: ●お勧めの映画:

« ●6月も・・・ | トップページ | ●ひさびさの近未来 »