« ■タカの渡り | トップページ | ■Garbage in, garbage out... »

2008.09.25

■ゴーン・ベイビー・ゴーン

 モーガン・フリーマン、エド・ハリス。ベン・アフレック初監督作品。

 なのに、日本で劇場未公開。DVDにはなったので見ることができた。

 ちゃんとした奥行きのあるサスペンスになっているし、名優2人+ケイシー・アフレック(ベン・アフレックの弟)も好演。
 原作だってしっかりしていそうだ。

 どうでもいいような映画がどんどん劇場公開されて、これがされなかったというのが信じられない。

 アメリカで頻発する児童誘拐を背景とする社会派作品とか、ボストンを描いたこだわりとか、そういうのが日本の観客に受け入れられないと判断されたのだろうか。

 わからない。

(Gone Baby Gone, 2007 U.S.A.)

|

« ■タカの渡り | トップページ | ■Garbage in, garbage out... »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/42594075

この記事へのトラックバック一覧です: ■ゴーン・ベイビー・ゴーン:

» 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
パトリック・ケンジー(ケイシー・アフレック)とアンジー・ジェナーロ(ミシェル・モナハン)は、ボストンで 私立探偵をする幼なじみのカップル。ある日、4歳の少女アマンダが誘拐される事件が発生、 ボストンの街は騒然となる。事件発生から3日目、警察の捜査に進展が見られない中、アマンダの 叔母夫婦が、街の裏側に精通するパトリックたちのもとに捜索依頼に現われる。あまり乗り気でない パトリックとアンジー。さらに、アマンダの母親ヘリーン(エイミー・ライアン)にかなり問題があることが 次第に明らかとなり、ますます気の... [続きを読む]

受信: 2008.09.28 12:54

» ゴーン・ベイビー・ゴーン [映画鑑賞★日記・・・]
【GONE BABY GONE】2007年劇場未公開製作国:アメリカ監督:ベン・アフレック出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・モナハン、モーガン・フリーマン、エド・ハリス、ジョン・アシュトン、エイミー・ライアン、エイミー・マディガン、タイタス・ウェリヴァー... [続きを読む]

受信: 2008.10.08 12:53

» 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」 [クマの巣]
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」、DVDで観ました。 俳優ベン・アフレックが監督したハードボイルドミステリー。ボストンを舞台に少女誘拐事... [続きを読む]

受信: 2008.10.19 10:42

« ■タカの渡り | トップページ | ■Garbage in, garbage out... »