« ■箕面にも鹿 | トップページ | ■アメリカン・ギャングスター »

2008.09.08

■華麗なる恋の舞台で

 たまに題名を日本語に訳していると思ったら、何という邦題をつけるのだ。

 これはそういう話ではない。ロンドンの舞台女優の強烈な自我の物語である。

 それでも、柔らかく優しく上品にも振る舞えるところが女優なのか。

(Being Julia, 2004 Canada, U.S.A., Hungary, U.K.)

|

« ■箕面にも鹿 | トップページ | ■アメリカン・ギャングスター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/42420660

この記事へのトラックバック一覧です: ■華麗なる恋の舞台で:

« ■箕面にも鹿 | トップページ | ■アメリカン・ギャングスター »