« ◆まさかの羽化 | トップページ | ◆「この秋一番の冷え込み」 »

2008.10.27

◆ジョウビタキ初認

 まだ、まったく真夏の服装である。さすがに少し肌寒く感じるようになってきた。

 通勤の途中、人しか通れない小道で、今シーズン初めてのジョウビタキ(オス)を確認。

 毎年見かける場所だが、去年と同じ個体なのだろうか? 鳴き声と飛び去る姿でやっと種の同定ができた程度なので、もちろんそこまではわからない。
 じっくり観察できたとしても、果たして可能かどうか・・・

 サルに一匹ずつ名前をつけて個体識別したことが、日本のサル学の発展に結びついたのは有名な話だが、さすがに見るだけで鳥の個体識別ができる場合は限られていて、ふつうはいったんつかまえて足輪をつけたりしているようだ。
 それに、ヤツらはサルと違ってすぐ飛んで逃げるし、何千何万キロと移動するのだ。

 図鑑で調べてみると、夏を過ごす場所は、ロシアのシベリアから中国の雲南にまで広がっているようで、コイツがどこで過ごしていたか知る術はない。

 バイカル湖やら昆明やらと、大阪北部を毎年往復しているのかと思うと、翼を持っていることの偉大さに頭を垂れたくなる。
 たとえ15センチに満たない体であっても。

|

« ◆まさかの羽化 | トップページ | ◆「この秋一番の冷え込み」 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

環境・自然」カテゴリの記事

コメント

もう、ジョウビタキの季節ですか!
鳥たちは何かを感じて渡りを始めるんでしょうけど、その体内センサーのすごさには敬服します。

投稿: Ashgarden | 2008.10.28 07:43

 単に、「うー、さぶっ」だったりして(笑)

投稿: Wind Calm | 2008.10.28 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/42923623

この記事へのトラックバック一覧です: ◆ジョウビタキ初認:

« ◆まさかの羽化 | トップページ | ◆「この秋一番の冷え込み」 »