« ◆高速道路上で故障 | トップページ | ◆双眼狂ふたたび? »

2009.02.25

◆設計失敗

Dsc05052_vga この電気ジャーポットの下はびしょびしょであった。

 左の方に、「湯口」と書いた矢印がある。それに加え、赤で大きく「湯 出口 注→」と書いた、ものすごく目立つ黄色い付箋が貼ってある。

 それでも、このポットでお湯を注ごうとしたのをたまたま私が見た唯一の方が、左手の上に熱湯を出して火傷なさった。幸い、大したことはなさそうだったけれど。

 左手で持ったカップを真ん中に持って行き、右手で「出湯」のボタンを押すと(私もいつもそうする)、左手の上に熱湯が注ぐように「設計」されているのだ。

 機械というのは、何の気なしに一般的な操作をしたときに正しく動くように設計せねばならない。

 誤用すれば火傷したりケガしたりするような機械の場合はなおさらである。この電気ジャーポットの設計は、明らかに失敗だと言えるだろう。
 ___

 それに、どこから湯が出るのか誤解されるような機械だと気づいたら、担当者がすべきことは付箋を貼って注意を促すことではなく、この場から撤去することであっただろう。
 特に、不特定多数の人が使うような場であれば。

 事故というのは、「ちょっとそれはないだろう」ということが二重三重に重なったときに起こる。

 自戒したい。

|

« ◆高速道路上で故障 | トップページ | ◆双眼狂ふたたび? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/44177110

この記事へのトラックバック一覧です: ◆設計失敗:

« ◆高速道路上で故障 | トップページ | ◆双眼狂ふたたび? »