« ◆女王釈放 | トップページ | ◆幸福は夜開く »

2009.06.03

◆新しい世界

 写真展の準備をしている。

 自分のまったく知らない世界ならともかく、写真に関しては少しだけ知識があると思っていた(ほんとに少しだけど)。

 でも、「ハレパネ」を知らなかった(初めて教えていただいた時は、???となった)。

 厚さ数ミリのポリスチレンの板で、片面に糊が塗ってあり、剥離紙を剥がして写真を貼り付け、展示用にする。
 ぺらぺらの写真がしっかりした板のようになる。それでいて、発泡スチロールのようなものだから、軽い。

 ハレパネは、「貼れるパネル」という意味の造語らしい。

 そういう言葉も、その物体も、まったく知らなかった。そもそも、そういう用途のための「何か」が存在すること自体、想像していなかった。

 しかも、あの「プラチナ萬年筆」が発売しているのだ。「ハレパネ」は登録商標である

 あれ!? でもそういえば、テレビ番組なんかで「パネル」や「フリップ」を見せることがよくあるが、あれってもしかして、ハレパネで作っているのではないのか?

 興味がないと、毎日のように見ているものすら見えていないのである。
 ___

 日常と違ったことを少しするだけで、何だか新しい世界が開ける。見えなかったものが見える。

 初めてデジカメを購入して以来、写真自体は何千枚も撮っている。いや、ファイル名を見ると、1万枚以上は確実に撮っていることがわかる。まだ、何万枚というほどではないと思うけれど。

 ところが、写真は画面で見ることがほとんどになり、印刷することはまずなかった。

 今回、写真展のために印刷し、ハレパネに貼って階段の壁なんかに飾ってみると、なかなか新鮮である。

 ああ、こういう楽しみ方もあるんだ、と思う。当たり前のことなんだけど。
 ___

 写真展に作品?を出すことに、恥をさらす以外の意味はあまりない。

 あるとすれば、大きく印刷してみるという、写真との「新しい」つきあい方かもしれない。

 もちろん、素晴らしい方々との出会いが一番の意味だと思うのだが。

|

« ◆女王釈放 | トップページ | ◆幸福は夜開く »

バードウォッチング」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/45226504

この記事へのトラックバック一覧です: ◆新しい世界:

« ◆女王釈放 | トップページ | ◆幸福は夜開く »