« ★かくて新年度 | トップページ | ★「飛び立つママの夢」・・・ »

2010.04.03

★The Burning Plain

 シャーリーズ・セロン、キム・ベイジンガー。

 相互に関係のないいくつかの家族や人々が描かれ、これがどうつながっているのかと見ていると、何の説明もなく、時間が遡る。
 ふつうなら混乱するところだが、うまく作られているからだろう、観客は置き去りにはされない。

 自在に行き交う時間の中、どのエピソードがどの時間を描いているのかを気にかけながらも、そんなことより物語そのものに引き込まれていくうち、一気にピースがつながる。

 むしろ、もう少しもどかしい思いをさせてくれてもという気はするが、よくできている。

 どちらかというと寡黙な映画なので、登場人物の内面は見ている者の感性で描写せざるを得ない。
 意味ありげに登場する飛行機と鳥の含意も。

 ただ、終わってみるとシンプルな映画で、深みがあるかというと微妙な気がする。
 ___

 邦題があまりにひどいので、取り上げませんでした。予備知識なしでご覧になるのがいいと思います。

 製作総指揮もシャーリーズ・セロンなんですね。大したもんだ。

(The Burning Plain, 2008 U.S.A.)

|

« ★かくて新年度 | トップページ | ★「飛び立つママの夢」・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/47987367

この記事へのトラックバック一覧です: ★The Burning Plain:

« ★かくて新年度 | トップページ | ★「飛び立つママの夢」・・・ »