« ■新緑 | トップページ | ■「またあした」 »

2010.05.18

■旅立ちの時

 1988年の映画らしい。なぜ借りたのかわからない。何かがきっかけで見つけて、ネットの評価が高かったのが気になったのだろうと思う。

 スタンド・バイ・ミー(1986)のときは子役のイメージのあったリバー・フェニックスが、この映画ではもはや青年になっている。アカデミー助演男優賞にノミネート。その数年後に亡くなってしまうとは、ほとんどだれも想像すらしていなかっただろう。

 いろいろ言う人もいるようだが、私にとってはすごくリアリティのある、もとになった実話があるんじゃないかと思わせる映画。シドニー・ルメット監督。

 親子の情愛ものには弱いし、適度なスリルとサスペンス(笑)もある。

 こんな映画を見て、この程度の文章でしか紹介できないのが哀しい。

(Running on Empty, 1988 U.S.A.)

|

« ■新緑 | トップページ | ■「またあした」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/48396618

この記事へのトラックバック一覧です: ■旅立ちの時:

« ■新緑 | トップページ | ■「またあした」 »