« ■信じられないものを頼りにするしかない不幸 | トップページ | ■秋の彼岸はタカ渡り »

2010.09.23

■突然の幕切れ

Dsc03935_640 秋分の日。

 この日にあわせたかのように、夏が突然幕を下ろした。

 昨夜、床についた時には29℃を超えていた枕元の温度計は、先ほど掃除をした時には23℃を下回っていた。

 午前1時44分30秒、まだかまだかと思っていた雨が降り始めたが、本格的な降りになる前に眠ってしまった。
 が、明け方ごろ?には雷鳴にまどろみを破られた。雨もかなり降っていたようだ。

 熱帯のような夜が一転、目覚めれば秋。

 待ち望んでいたことだが、いざそうなってしまうと、夏らしいことを何もしないまま終わった季節を惜しむ気持ちが湧き上がってくる。

 夕刻、エアコンのコンセントを抜いて回った。今度入れる時には暖房になるだろう。

|

« ■信じられないものを頼りにするしかない不幸 | トップページ | ■秋の彼岸はタカ渡り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

環境・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/49539777

この記事へのトラックバック一覧です: ■突然の幕切れ:

« ■信じられないものを頼りにするしかない不幸 | トップページ | ■秋の彼岸はタカ渡り »