« ◆コーヒー回帰線 | トップページ | ◆営為と自信 »

2010.10.06

◆インビクタス/負けざる者たち

 何かでちらっと見て、ラグビーの映画だと思っていた。だとすれば見なかっただろうが、また何かでネルソン・マンデラ(南アフリカ共和国第9代大統領)を描いた映画だと知った。しかも、監督はクリント・イーストウッド。
 これは見ずばなるまい。

 『マンデラの看守』(邦題:マンデラの名もなき看守)も素晴らしい映画だったが、これもよかった。

 描かれたマンデラがあまりにも立派で、偶像化されてしまっている感もあるが、その発言のひとつひとつが涙を誘う。

 負けたってぜんぜんいいじゃないか、いや、それ以前に勝ち負けなんてそもそも・・・と思いながら毎日過ごしているが、こんな強さがもし望んで得られるのであれば、心底欲しいと思う。
 思っても詮ないことだけれど。

(Invictus, 2009)

|

« ◆コーヒー回帰線 | トップページ | ◆営為と自信 »

スポーツ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/49669422

この記事へのトラックバック一覧です: ◆インビクタス/負けざる者たち:

« ◆コーヒー回帰線 | トップページ | ◆営為と自信 »