« ■長雨、例の年よりもいたくして・・・ | トップページ | ■そこら中、通行止め »

2011.09.20

■ひとりフレンチ

 ペンションの夕食はフレンチのフルコースだ。脱サラしたご主人の奥様の手料理ゆえ、街場のフレンチの華はないものの、十分においしくいただけた。
 ひとつだけ、舌平目のムニエルの素材は?だったが、ソースはおいしかったし、それ以外の料理はすべて水準以上である。

 ちょっと高級なフレンチディナーと同じ値段で一泊二食温泉付きなのだから、いい舌平目をといっても無理がある。そう考えれば、信州牛の赤ワイン煮込みはできすぎといってもいいぐらいおいしかった。
 ___

 問題なのは、客が私一人だけだったこと。台風の襲来で、キャンセルが相次いだのだという。

 良識のある人なら確かにそうするだろう。台風が来ることが確定してから予約するなど、愚かの極みである。
 一人のために手間暇かけた料理をお作りいただいて、何だか申し訳なかった。

 明日も丸一日雨だそうだ。さて、どうやって過ごそうか。

|

« ■長雨、例の年よりもいたくして・・・ | トップページ | ■そこら中、通行止め »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/52784262

この記事へのトラックバック一覧です: ■ひとりフレンチ:

« ■長雨、例の年よりもいたくして・・・ | トップページ | ■そこら中、通行止め »