« ■ひとりフレンチ | トップページ | ■小やみ? »

2011.09.20

■そこら中、通行止め

 ネットでニュースを見ていると、安房峠道路が大雨のために通行止めになっていると書いてあった。越すに越されぬ飛騨と信濃を5分で結ぶ、画期的なトンネルである。20世紀も末になってやっと開通した。

 それに触発され、「安房峠道路、通行止め」と題してこれを書こうと思っていたのだが、調べてみると、もう、そこら中が通行止めである。

 私が走ってきた往年の難所・秘境「国道158号(旧道)安房峠」も通行止め。もし雨の降り出しが早ければここに辿り着くことができず、平湯あたりで途方に暮れていたかもしれない。

 極めつけは、「国道158号(本線)沢渡ゲート~岐阜県平湯ゲート」だ。これって要するに、上高地が完全に孤立しているということではないのか。
 ___

 確かに、旧安房峠を走りながら、「時間雨量○○ミリ、積算雨量○○ミリで通行止」とか書いてあったので、よくこの雨でまだ通行止めになっていないものだとは思っていた。
 案の定というか、数時間後には通行止めになったようだが、その時点ではまだ安房峠道路(トンネル)は通行できたらしい。だが、それも午後6時には通れなくなっている。
 (しかし、「国道158号(本線)沢渡ゲート~岐阜県平湯ゲート」は午後1時35分ですでに通行止めになっているのだ。これでは、その後6時までに安房峠道路(トンネル)を抜けてもどこにも行けない。この間にトンネルを通った車は、無駄に往復の通行料を払ってUターンしたのだろうか? いくら道路の管轄が違うといっても・・・)

 宿のご主人に「明日の過ごし方のいいアイディアは?」と相談すると、「飛騨高山観光」や「平湯温泉巡り」が有力候補として提案されたのだが、そもそも行くことすらできなくなった。仮に通行止めが一時的に解除されたとしても、今度は帰ってこられなくなる可能性もある。

 あ、それは、どこへ移動しても同じことかもしれない・・・

 やはりここ乗鞍に「沈澱」か。

 せめて、ここが孤立しないことを祈ろう。

|

« ■ひとりフレンチ | トップページ | ■小やみ? »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

環境・自然」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
あちこち通行止めなんですね。
高知はもう雨もほぼ止み、静かになっています。
では充分気をつけて旅行楽しんでください。

投稿: Iyota | 2011.09.20 22:58

 ありがとうございます。今日も無事、宿に帰ってこられました。明日は天候が回復することを祈っています。

投稿: Wind Calm | 2011.09.21 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/52785181

この記事へのトラックバック一覧です: ■そこら中、通行止め:

« ■ひとりフレンチ | トップページ | ■小やみ? »