« ■国境を越えるということ | トップページ | ■台風の中、大阪縦断 »

2011.09.02

■シルビアのいる街で

 冒頭、ほとんど動かぬ主人公が写ったところで、もう「15秒送り」のボタンを押したい誘惑にかられる。

 が、その後はまあ、その衝動は起こらなかった。

 これまで見たあらゆる映画の中で、もっともわけのわからない芸術作品。
 さりげなさを装った過剰な演出もちょっと鼻につく。

 不思議と最後まで見られたのは、ストラスブールの街と女性たちの映像、そして「シルビア」の美しさ故か。

(En la Ciudad de Sylvia/Dans la Ville de Sylvia, 2007 Spain, France)

|

« ■国境を越えるということ | トップページ | ■台風の中、大阪縦断 »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/52631326

この記事へのトラックバック一覧です: ■シルビアのいる街で:

« ■国境を越えるということ | トップページ | ■台風の中、大阪縦断 »