« ★昼間は猛暑 | トップページ | ★今日が立秋・・・ »

2012.08.03

★ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

 久しぶりに素晴らしい邦題に魅かれて借りた。

 原題を調べると、Extremely Loud and Incredibly Close。そのままである。
 他の映画も見習えばいいのに。

 この言葉から思い浮かぶのは知り合いの一人なので、そういう存在に関するコメディか何かだと思っていた。

 トム・ハンクスやサンドラ・ブロックが出演していることも、まして、「めぐりあう時間たち」のスティーブン・ダルドリー監督、「フォレスト・ガンプ 一期一会」のエリック・ロス脚本なんて、夢にも知らなかった。

 もちろん、これが「9・11文学」(そういうカテゴリーがあるのだ)の「金字塔」であるらしいことも。

 題名や映画の意味するところについては、あちこちでさまざまに語られているようだ。
 だが、ひとの解釈は要しない。この映画の場合は特に。

 ・・・そういう思いを抱かせる映画。

(Extremely Loud and Incredibly Close, 2011 U.S.A.)

|

« ★昼間は猛暑 | トップページ | ★今日が立秋・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/55344233

この記事へのトラックバック一覧です: ★ものすごくうるさくて、ありえないほど近い:

« ★昼間は猛暑 | トップページ | ★今日が立秋・・・ »