« ■幻の和菓子屋 | トップページ | ■固定観念の魔術 »

2013.05.29

■インスタントラーメンの作り方2

 ほとんどのインスタントラーメン(袋麺)の作り方の説明には、「スープは火を止めてからお入れください」みたいなことが書いてある。

 申し合わせたようにそうなので、その方がおいしくなる、何か深遠な秘密のようなものがあるのかと思っていた。

 ところが、何かのきっかけでその「真の」理由を知ることになった。

 それは、「火をつけたまま鍋の上からスープを入れようとすると、火傷の危険が増す」というものだ。

 大手メーカーのウェブサイトで見つけたので、少なくとも大きな理由の1つだろうと思う。

 明星の中華三昧は、私の知る限り唯一の例外で、「スープは火を止める直前にお入れください」と書いてある。
 律儀にその通りにしようとすると、確かに手を火傷しそうになる。

 なるほど。
 毎年世界中で、のべ何億人もがインスタントラーメンを作っていれば、火をつけたままスープを入れようとして本当に火傷する人もかなりの数に上るだろうことは容易に推測できた。

 それでもあえて、中華三昧が火を止める前にスープを入れさせようとするのはなぜなのだろう?

 その方がおいしくできるから? なら、他のラーメンはおいしさを犠牲にしているのか・・・

 いや、単に、中華三昧のスープがちょっと溶けにくいというだけのことなのかもしれない。もしそうだったら、もうちょっと工夫しろよ、と思う。

|

« ■幻の和菓子屋 | トップページ | ■固定観念の魔術 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしております。きっと、オスプレイの記事を書いておられると思ってお邪魔しました。
で、スープの件ですが(笑)。「辛ラーメン」を買われたことはないでしょうか?あれは、麺とスープ、添付の薬味を沸騰したお湯に同時に入れるように指示があります。
私も、これは不思議に思っていました。^^

投稿: winter-cosmos | 2013.06.07 21:41

 八尾空港にオスプレイのほうでは麗しくない文章をお読みいただくことになり、申し訳ありません。まあ、どの文章も麗しくはないのですが ^^;
 辛ラーメン、少なくとも1度は買って食べたことがあります。そういえば、最初にスープも入れましたね。
 日清食品のウェブサイトによると「スープを入れてからめんと煮込むと、スープが濁ったり風味がとんでしまう」ため、火を止めてから入れると書いてあります。
 辛ラーメンはタイプの違う「煮込みラーメン」なのかもしれませんね。

投稿: Wind Calm | 2013.06.09 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/57482530

この記事へのトラックバック一覧です: ■インスタントラーメンの作り方2:

« ■幻の和菓子屋 | トップページ | ■固定観念の魔術 »