« ■憲法96条を「改正」してはいけない | トップページ | ■梅雨入り? »

2013.05.26

■ヘリで第2キャンプから移動?

 エベレストへの登頂を最高齢で達成した三浦雄一郎氏が、下山ルートの難化と自身の疲労のため、第2キャンプからヘリコプターでカトマンズへ移動することになったという(mainichi.jp)。

 このニュースを見て目を疑った。

 第2キャンプの標高は6500mだと書いてある。フィートに直せば2万1325になるのだが、2万フィートを超えるような場所で離着陸できるヘリがあるのだろうか。

 相当高性能なヘリでも、最高飛行高度が2万フィートぐらいで、ホバリング高度は1万5千フィートぐらいだと思う。
 単純に言って、標高5000mを超えると、離着陸できないのがふつうではないだろうか。

 ・・・と思って調べると、ユーロコプター社のエキュレイユ AS350 B3 というのが、2005年にエベレスト山頂に着陸したことがあるらしいのを知った。

 見た目は何ということもない小さな機体なのだが、なぜそんな芸当が可能なのだろう?
 ___

 天候が許さず、ヘリはまだベースキャンプ(標高5300m)にも行けていないらしいが、山頂に降りられるほど高性能なら、三浦氏のいる第2キャンプ(6500m)までは十分大丈夫なはずだ。

 ともかく、無事のご帰還を祈っている。

|

« ■憲法96条を「改正」してはいけない | トップページ | ■梅雨入り? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

環境・自然」カテゴリの記事

飛行機」カテゴリの記事

コメント

ヘリコプターで下山?
9000m近い山から下りるのに6500mで勘弁してくれるんだったら、それは楽でしょ。
あとはヘリコプターでひとっ飛びって。
でもそういうの、普通は救助って言うんじゃないかしら。
なんか、納得がいかん。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2013.05.27 13:53

 おっしゃるとおりですね。
 せめてベースキャンプ(それでも5300m)までは降りないと、「救助」されたということになりそうな気がします。でもまあ、確かに「登頂」はしたわけですから、大目に見てやってください ^^;
 私は個人的にこの方に思い入れがあるので、どうも甘くなってしまいます。これを見ると、第2キャンプまで降りればまあいいんじゃないかという気もします(笑)

投稿: Wind Calm | 2013.05.27 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/57459050

この記事へのトラックバック一覧です: ■ヘリで第2キャンプから移動?:

« ■憲法96条を「改正」してはいけない | トップページ | ■梅雨入り? »