« ■帰ってきた「人馬一体」 | トップページ | ◆ないものねだり »

2015.05.31

■ツバメへのお詫び

 家を建てていたとき、ガレージの天井にある照明器具にツバメが巣を作りかけたのだが、そのうちシャッターがついて出入りできなくなることがわかっていたので、傷の浅いうちにと撤去させてもらった。

 あれから十数年・・・

 うちのすぐ近くには田んぼとかはないはずだし、近所でツバメの巣を見かけたこともないのだが、この季節になると自宅付近をしょっちゅう飛び回っている。

 そして、不思議なことに・・・という気がするのだが、毎年のようにガレージの中に入ってくる。
 シャッターが開いているのは、クルマやバイクを出し入れする間くらいだけなのだが、その短い時間にも狙いすましたように入ってくるのだ。

 華麗な飛行で、その航跡にはほれぼれする。

 しかし、ガレージに入られると、出るまでシャッターを閉められない。今まではまあタイミングをみはからってうまくやっていたのだが、昨日はとうとう、ツバメを閉じ込めることになってしまった。

 目の前でホバリングを繰り返してくれたり、昨日は特に見ごたえのある飛翔を見せてくれたのに、実に申し訳ない。

 出る様子がないので、シャッターを半分くらい降ろしたところで止め、しばらく車の中で待ってみたのだが、それでも出てこない。
 仕方なく、すでに外に出た可能性もあると思い、そのうちまたシャッターを開ける家人に後を託して出かけることにした。

 帰宅してから聞いたところによると、やはり2羽のツバメが閉じ込められていたという。
 「あんな暗いところに閉じ込められて怖い思いをしたら、もう二度と来なくなるわ」などと悲しいことをいう。

 それにしてもどうして毎年、ツバメがガレージに入ろう入ろうとするのだろう。
 もともとは洞窟などの入口に巣を作っていた習性があるとかだろうか。

 いずれにせよ、ツバメがお気に入りのガレージには、申し訳ないが巣を作らせるわけにはいかない。シャッターは開けておけないし、中をフンだらけにされても困る。

 そこでこの際、玄関に巣を作ってもらうことにした。

 うちの玄関は通りから洞窟ふうに凹んでいるというか、アルコーブみたいになっているので、ちょうどいいと思ったのだ。
 問題は、コンクリートにタイル張りなので、巣の土台をどのように設置するかということであった。

 これまでも(十数年間!)ちらちらとは考え続けていたのだが、本気で検討したことはない。
 今回は、昨日閉じ込めてしまったお詫びの印に、そして、十数年前に作りかけの巣を壊した罪滅ぼしのためにも、ちょっと真剣に考えてみた。

 すると、玄関ドアの枠を利用して、ちょうど上手い具合に土台を設置できそうな気がしてきた。
 そのための板と留め金をホームセンターで買ってこようと思っていたのだが、キッチンにおあつらえ向きの鍋敷きが転がっていたので、板はそれで代用する。固定用のL字金具と木ねじだけ買ってきて、両面テープも使い、さっそく設置してみた。

Dsc07494_32 素晴らしい。
 われながらちょっと悦に入るほどの土台ができた。色合いも玄関にマッチしている。あとは昨日のツバメ(ほかのでもいいけど)が来るのを待つだけだ。

 家人の車を洗車していると、今日も周囲をすいすいと飛び回っていた。昨日と同じ個体かどうかわからないが、怯えてここに近づかないというようなことはなさそうだ。

 ただ、もう5月も終わりだし、今から新たな営巣は期待できないかな?
 でも、巣を作るつもりがないんだったら、どうしてガレージの中に入ってきたりしたんだろう?

 いずれにせよ、少しわくわくしながら待つことにする。ダメならまた来年があるさ。

|

« ■帰ってきた「人馬一体」 | トップページ | ◆ないものねだり »

バードウォッチング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11290/61675110

この記事へのトラックバック一覧です: ■ツバメへのお詫び:

« ■帰ってきた「人馬一体」 | トップページ | ◆ないものねだり »