« 2018年5月 | トップページ

2018.06.10

◆グッド・ライ 〜いちばん優しい嘘〜

 思いがけず、いい映画を見た。

 「兄弟」を失いながら1000km以上も裸足で歩き、ケニアの難民キャンプにたどり着いたスーダン難民。十数年もそこで過ごした後に、やっとアメリカに第三国定住が認められるも、もちろんいいことばかりではない。

 ただ、重いばかりの映画ではないのも救い。簡単に救われてはいけないんだろうけれど。

 紙の上ばかり、あるいは刹那的映像だった難民が、映画の中とはいえ彼ら自身の時間を紡いでいっている様を見られたのは大きな収穫だった。
 ___

 そうかな・・・とは思っていたが、スーダン難民を演じる主人公たちは実際の難民だそうである。

 ともかくご覧になってみてください。
 ___

 今知りましたが、「ビューティフル・マインド」のロン・ハワード製作だそうです。

The Good Lie, 2014 U.S.A.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.05

◆ Hidden Figures

 邦題は『ドリーム』。アメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙開発に貢献した黒人女性たちの物語。

 原題の Hidden Figures は、直訳すれば「隠された姿」というような意味だが、「陰の人々」とでも訳せようか。なんか違う感じだけれど「縁の下の力持ち」と言ってもいい。
 同時に、「隠れた数値計算」という意味もある。ほとんど表に出ていないが、軌道計算などに重要な役割を果たしていた彼女たちのことを見事に表現している。

 事実をもとにした映画であり、主人公の Katherine Coleman Goble Johnson が99歳で存命だというのもすごい。映画自体はアカデミー賞を取っていないようだが、2017年の授賞式では、98歳の彼女が車椅子ながら舞台に登壇している

 史実とは相違もあるらしいが、法律的・制度的な差別が残っていた時代から、彼女らが NASA において抜きん出た活躍をし続けてきたことは事実だ。

 深刻なテーマを上品なコメディ&感動のエンターテインメントに仕上げているのもさすが。

 相当な傑作です。ぜひご覧ください。

(Hidden Figures, 2016 U.S.A.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.01

◆ふしぎな国 イバラード 井上直久の世界展

 twitter に書いちゃったけど、長いからエントリにしちゃおう。
 ___

 文化の香りに乏しいわが家ですが、家人が大昔1年だけ同僚(というか先輩)だった先生が阪急百貨店で個展を開いて絵画の制作過程を実演なさるというので、行ってきました。スタジオジブリの『耳をすませば』の作品世界(背景)などを担当した井上直久という方です。

 ほとんどの作品を通して「イバラード」という空想上の世界をモチーフになさっているのですが、そのベースが茨木にあるということで、茨木市政施行70周年記念の共催になっています。
 折しも今年満年齢で古稀をお迎えになる先生は、茨木市内の高校で20年近く美術教諭を務め、現在も茨木市にお住まいだそうです。茨木からイバラードが着想できる想像・創造の力業には驚かされます。

 元(大阪の)高校の先生らしい軽妙なトークを交えながら、すでに完成しているキャンバス上の絵がみるみる別の作品、世界に変わっていくのは見ていて圧巻でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ