2017.02.20

◆愚かで危険な言葉遊び

 学習指導要領の改訂案が発表された(2月14日)。

小5の社会では、竹島、北方領土、尖閣諸島が「我が国の固有の領土であることに触れること」と初めて明記。中学地理では竹島と尖閣諸島が日本固有の領土であり、尖閣については「領土問題は存在しないことも扱う」とした。(asahi.com)

 どこがどこの領土かや、小中学生にそれを教え込むことの是非はこの際措く。

 一番問題だと思うのは、中学地理で尖閣諸島について「領土問題は存在しないことも扱う」という点である。

 どうして、たとえば北海道や本州や四国や九州について「領土問題は存在しないこと」を「扱」わないのだろうか。
 それはもちろん、実際に(国家間の)領土問題が存在しないからである。

 ではなぜことさら、領土問題が存在しないはずの尖閣諸島について、中学生に「領土問題は存在しない」と教えなければならないのか。
 それはもちろん、実際には領土問題が存在するからである。

 だからこそ、アメリカのマティス国防長官やトランプ大統領に「米国の日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条が沖縄県の尖閣諸島に適用される」などとわざわざ発言させ、それを聞いて大喜びしているのだ。

 もしかすると、こういう論理的思考を養成しようという深謀遠慮でもあるのだろうか(ないよね)。

 「日本政府は「領土問題は存在しない」と主張している」と教えるのなら問題ない。だがそれでは、政権の意向を体した学習指導要領にならないので、そうはなっていないだろう。
 ___

 間違いでも嘘でも事実に反していても、言葉遊びのように言い換えれば誤魔化せるとでも考えているかのような病が蔓延している。
 最近では

「(南スーダンに派遣されている自衛隊の業務日誌には)一般的用語として “戦闘” という言葉が使われているが、法的な意味の戦闘行為ではない」(稲田朋美防衛大臣)
「事実行為としての殺傷行為はあったが、憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではないことから、武力衝突という言葉を使っている」(同)

 というような国会答弁が有名だが、日本の行政組織や立法組織はこれまでもずっとそうだった(司法すらそうだと聞く)。

 他の国でどうだったのかは知らないが、近ごろは、post truth とか alternative truth とかいう言葉が世界を席巻している。

 まさか、「優秀な」政治家や官僚を育てるために、小中学校から愚かで危険な言葉遊び(≒詭弁)を教え込もうとしているのではあるまい。

 中学生ともなれば、「領土問題は存在しない」と教えられることの馬鹿らしさに気づく生徒も少なくはないだろう。そんな聡明な生徒たちが、そういう頭の悪い言葉の使い方をしないように導くことこそ、教育の使命である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.07

◆え、そんなに?

 「鳥獣関係統計によると、狩猟や農作物の被害防止などの目的で行政の許可のもと行われる有害鳥獣捕獲などで13年度はシカ約50万頭、イノシシ約45万頭が捕獲された」という記事を朝日新聞で読んだ(引用は asahi.com から)。

 私は即座に「この記事はケタを間違えているのではないか」と思った。

 鹿と猪あわせてほとんど100万頭である。

 野生の鹿や猪を、毎年100万頭も「捕獲」できるものだろうか。いったいどこで、だれがそんなに多数の獣を捕まえているのか。

 確かに近年、シカやイノシシが増えすぎる一方、猟師が減って困っているという記事はたびたび目にするようになった。
 でも逆にいえば、その少ない猟師が年間100万頭も捕まえていることになるわけで、1人あたりいったい何頭になるんだろう?
 毎日欠かさず一頭ずつ捕まえるとしても、365頭。そんな人が2740人もいるというのだろうか(あれ? そのくらいならいそうな気もする。捕獲頭数が1/4くらいとして1万人とかなのかな)。

 それにしても、毎年そんなに殺して大丈夫なんだろうか。いや、むしろ増えすぎて困るというのはよく聞くんだけれど、100万頭というのは、日本で1年間に食肉処理されている牛の頭数とそれほど変わらないはずだ。

 記事によると、捕獲された鹿や猪の9割は廃棄されるのだという。食べられるのは1割ほどだそうだ。

 解体・流通・需要と供給など、いろいろ難しいことがあるようなのだが、生命を奪った以上はやはり食べるに如くはないだろう。
 個人的には鹿肉は好みではないが、猪とともにジビエ料理の材料として優れた素材のはずである。

 尊い命を、そして貴重な生物資源をなんとか生かす方法はないものだろうか。

 それにしても年間100万頭・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.01

◆もはや正気を疑う

 アメリカの国土安全保障省のジョン・ケリー長官(同姓同名なので「えええぇぇ」となったが、前国務長官は John Kerry で、この人は John Kelly だった)が、記者会見で「ビザ発給の審査を強化し、申請者の電話の通話記録やウェブサイトの閲覧、ソーシャルメディアの使用状況を調査することを検討していることを明らかにした」という(朝日新聞夕刊トップ)。

 最初このニュースに接したのがネットのまとめサイトか何かだったため、あまりのばかばかしさに信憑性を疑い、寝床で iPhone だったこともあり、わざわざ真偽を確かめたりもしなかった。

 それがまさか、記者会見での正式な発言であったとは・・・

 そんなもの、いったいどうやって「調査」するのか。

 それとも、「ビッグ・ブラザー」はふだんから我々の通話やウェブサイトの閲覧、ソーシャルメディアの使用状況を監視していて(スノーデン事件のことを考えれば、可能性は十分ある)、それを個々人と結びつけているのだろうか(まさかそこまで)。

 入国審査にそんな「調査」を考えているとしたら、もはや正気を疑わざるを得ない。
 ___

 いくら何でもそんなバカな・・・と思って英語のニュースを当たってみると、たとえば CNN は以下のように報じていた。

 まだ初期の検討段階だと断りながら、

Miller also noted on Saturday that Trump administration officials are discussing the possibility of asking foreign visitors to disclose all websites and social media sites they visit, and to share the contacts in their cell phones. If the foreign visitor declines to share such information, he or she could be denied entry.
 これだとかなりニュアンスが異なる(冒頭の Miller は、スティーブン・ミラー大統領補佐官(政策担当))。
 アメリカに入国しようとする者は、「閲覧するすべてのウェブサイトとソーシャルメデイアサイト」および「携帯電話に登録されている連絡先」を開示するよう求められ、それを断ると入国を拒否される可能性があるという。

 アメリカが「調査」するのではなく、私たちが「開示」を求められるのだ。
 それならまだ「理解」はできる。

 だがそれでも、「閲覧するすべてのウェブサイト」!!

 そんなものをどうやって開示すればいいのだろう。ビザの申請だとすると、大使館や領事館にパソコンを持参してブラウザの履歴を見せればいいのだろうか。いつからの履歴? ときどきクリアするんですけど。「パソコンは持ってません」では疑われるのかな。
 だいたい、ほぼすべて日本語(あるいは人によって中国語・アラビア語・フィンランド語・アムハラ語・・・)のサイトなんだけど、審査官にどんなサイトか判別できるんだろうか。

 ソーシャルメディアは「使ってません」でおしまいだ。

 スマホの連絡先もみんな日本語なんですがそれは・・・

 いずれにせよ、悪意のある者はそんなものいくらでも偽装できるし、「ほんとうに」どんなサイトを訪れていてだれと連絡を取っているのかをいちいち調べることなど不可能である。

 そして何より、令状もなしにそんなことを要求するのは、合衆国憲法に違反する(はずだ)。

 オバマ前大統領がイリノイ州選出の上院議員候補者だったときの演説に

we can say what we think, write what we think, without hearing a sudden knock on the door
というのがあった。「私たちは、自分の考えていることを言ったり書いたりできる ──突然ドアがノックされる音を聞いたりすることなしに」
 彼の言葉を借りれば、それこそがまさに、アメリカをアメリカたらしめる premise(大前提)なのだ。
 ___

 ショックだったのは、朝刊で「入国禁止 反旗の嵐」と書いた朝日新聞が、同日の夕刊で「米入国禁止49%賛成」と報じていることである。ロイターによる50州の調査で、反対は41%だったという(インターネットによる1201人の成人に対する調査だというのだが、きちんとした統計調査なのかどうかは気になるけれど)。

 「この国民にして、この政府」(国民は自分たちのレベルに見あった政府しか持てない)という(19世紀の歴史家、トーマス・カーライル)。

 21世紀になってもその箴言が通用するとは、ほんとうに情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.31

■今いる場所で(3)

 アメリカの司法長官代理(長官は現在空席なので司法省のトップ)、サリー・イェイツ(Sally Q. Yates)氏がトランプ大統領によって解任された。

 中東・アフリカ7か国からの入国を禁止する大統領令に従わないよう、イェイツ氏が省内に通知したからである。

 合衆国憲法と法律と良心とにしたがって、大統領令を拒否したのだ。
 文字通り、職を賭して。

 「私には、常に正義を追求し、正しいことを弁護するという我々の機関に与えられた厳粛な責務を果たし続ける責任がある」(朝日新聞夕刊)
 「大統領令を弁護することがこの責務を果たせるとの確信も、大統領令が合法という確信もない」(同)

 せっかくのイェイツ氏の命令は、後任者によってさっそく取り消されてしまったけれど(nytimes.com)、彼女の行動の意義がそれによって無に帰することはない。
 ___

 6年ほど前、「今いる場所で」という2つのエントリを書いたことがある。

 これほどの高官が「今いる場所で」できる役割を果たした意義は大きい。

 それと比べれば、私たちの多くには、ケシ粒ほどの力もない。それでも、各人が今いる場所でできる最低限のことを積み重ねることは、けっして無駄ではないと思う。

 1分でも2分でも、理不尽な権力者への異議申し立てに時間を使いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.24

■ドローン・オブ・ウォー

 まだ途中までしか見ていないのにこういうことを言うのもなんだが、現代に生きるだれもが見るべき映画である。

 これが未来のことではなく、むしろ過去のことだというのがまた・・・

 しかも、あのオバマ政権下ですら、こんな戦争が行われていたのだ。
(物語の細部はもちろん創作だろうが、ドローンを利用したこの種の作戦が日常的に行われていた(る)のは周知の事実である)。

 未来はいったいどうなるんだろう?

(Good Kill, 2014 U.S.A.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.08

■超人世代?

 1月6日(金)の朝日新聞(大阪本社版朝刊)トップは「高齢者「75歳から」提言」という記事であった。

 日本老年学会と日本老年医学会が「高齢者の定義について」「75歳以上とすべきだとする提言を発表した」件である。

 高齢者福祉を削りたい政治の側から働きかけでもあったのかと、かなりうさんくさい気はするものの、それはまあ憶測に過ぎないし、今の70代前半がまだまだ若いというのは実感とも合致する。

 だが、以下はいただけなかった。

 「知的機能の面でも、70代の検査の平均得点は10年前の60代に相当するという報告があり、根拠の一つとされた」(読点を1箇所だけ移動しています)というのだ。

 「この文の通りだとすれば」、その報告は明らかに間違っている。

 なぜなら、「10年前の60代」は現在の70代なのだから。
 この調査は、10年前と現在の同じ集団を調査していることになるはずだ。

 ランダムサンプリングなりなんなりが適切に行われ、きちんとした科学的な調査が行われていれば、こんな結果が出ることはありえない。
 もしこの結果が正しければ、10年前の60代は10年経っても知的能力が同じで、衰えていないということになるからだ。

 実際の報告がどういうものかはわからないが、こんな馬鹿げた内容をそのまま記事にしてしまう記者と校閲の愚かさにはあきれてしまう。

 この部分の直前には、「生物学的に見た年齢は10〜20年前に比べて5〜10歳は若返っていると判断した」とあるのだが、それならまだ理解できる。

 だが、「70代の検査の平均得点は10年前の60代に相当する」なら、その世代は10年間まったく老化しなかった超人世代ということになってしまう。
 ___

 私が最初の職場に就職した30年ほど前、75歳という年齢は、確かに、仕事ができなくなる境界あたりであったことを、具体例とともにまざまざと覚えている。
 しかしながら、80代半ばの父親を見ていると、まだその境界を越えていないように感じる。

 もしそうだとするならば、30年で10年ほどは「若返っている」のかもしれない。あるいは学会の言うように「10〜20年前に比べて5〜10歳」ということもありえないことではない。

 それでも、「10年で10年」はありえない。人間は不老不死ではないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.04

■阿蘇の陶芸家:工房 ゆう

 2016年12月27日。せっかく阿蘇に来たのに、あいにくの天気。

 震災の復旧が進んでおらず、阿蘇山上には北からしかアクセスできなくなっているということで、とりあえず、道の駅阿蘇まで来てみたものの、さて、この天気ではどうしようかなあというときに、ちょっと気になる焼き物を見つけた。

 もとより、焼き物の趣味も知識もないのだが、ごくたまには、気に入って購うこともある。値段も安いし、これ買って帰ろうかなと思ってから、ふと、それよりもこの陶芸家を訪ねてみて、そこで買おうと思った。

 動機はだから、「天気も悪くて他に行くところもないので」に近い。失礼な話である。

 幸い、工房までは10kmもない。ただ、場所がわかるかどうかという不安を抱えつつ、スマホのナビを頼りに行ってみた。

 近くに、うどん屋さんと季節料理のお店があるので(といってもそういうのがあることが信じられないような田んぼの真ん中です)、それらを目印にしながら進む。特に「手打ちうどん」の看板が役に立った。目指す場所は「季節料理 ふじ川」の向かいである。

20161227 このあたりのはずなのだが本当にあるんだろうか、仮にあるとしても、看板とかは上がっているのだろうかと不安を抱えていると、邸宅といってもいいような立派な門構えのお宅に「工房 ゆう」と書いた木の札がかかっているのを見つけた。

 門は開いていて、中に車を駐める広さが十分あることは、外からでもわかる。行ったはいいが、駐車できるのだろうかという心配もしていたが、杞憂であった。

 工房とおぼしき建物の戸も空いていて、「すみません、こんにちは」と声をかけながらおそるおそる中へ入る。出迎えてくれたのは、30代前半に見える若い陶芸家であった。

 「あのう、ここはご実家なんですか」というのが、好奇心を抑えきれずに出た最初の質問だったと思う。貧しい陶芸家の工房にはとても見えなかったのだ。重ね重ね失礼な話である。

 結論を言えば、大家さんの離れを安く貸していただいているだけということであった。

 どうして道案内の看板を出さないのかと伺うと、「通りすがりに来られてもちょっと困るんです。わざわざここを目指して来てくださる方に来ていただきたいし、そういう方はちゃんと見つけて来てくださるんですよね」とのこと。

 いやいや、諦めて去ってしまった人には会えないからでは・・・とも思うが、それは口に出さない。
 ネットやSNSで広めてくださるのは大歓迎ということなので、お言葉に甘えてこうして記している。

 さて、そこからは作品を見せていただきながら、いろいろとお話を伺うことになった。
 「お邪魔してすみません、どうぞ、お仕事を続けながら」

 だんだんと、職業的なインタビューをする感じになってくる。そうして伺ったことは、とてもここには書き切れない。

 「大学はまあ、一応行ったんですけど、落ちこぼれてついていけなくなって」とおっしゃるので、それ以上詮索しないでいたところ、壁に貼ってあったポスターに「九州大学工学部機械航空工学科に進学した」とあるのに気づいた。

 のちにまた大学の話になったとき、実は大学院にまで進んでいたことがわかる。そういう感じの人である。

 釉薬は、自分で刈り取ったススキを焼いた灰から作る。あるいは、昨秋、36年ぶりに爆発的噴火を起こした阿蘇の火山灰を利用する(←リンク先はインタビュー動画で、音が出ます)。

 作品としては、せっかくなので、阿蘇の荒々しさや溶岩を思わせる焼き物を作りたい。でもやっぱり、焼き物を買ってくださるのは女性が多く、「カワイイ」を求められるので、個性や思いを殺してそういうものも作っている。

 私が買ったのも、結局は溶岩のモチーフとは関係のない、深みのある青を基調とした湯飲み茶碗であった。

 会計をしながら年齢を伺うと、実は不惑をいくつか越えているという。若く見えますねと驚くと、「この世界で若く見えるのは・・・」と苦笑なさる。

 そこにあった、明らかに「作品」と呼ぶにふさわしい花挿しに話題が及ぶと、「これは、壁を表しているんですよ、人種の壁・民族の壁・宗教の壁・・・ それにこういう、風穴を開けているんです」という。

 そしてとうとう、「作品を通して世界平和を訴えたいんですよね」とまで言ってくれた。

 「いや、もちろん、だからなんだ?って話なんですけど」と付け加えるのは忘れない。

 私だって、ふだんそんなことは人に言わないが、やはり仕事を通して訴えているつもりなのはそういうことである。
 それを伝え、薄暗い阿蘇の工房の片隅で、束の間、2人で世界平和に思いを馳せた。
 もとより、だからどうした、という話であることは承知しつつ・・・

 帰り際、途中でも勧めてくれたカフェを、今度は熱心に勧める。私が大阪から来たというと、「大阪から来た夫婦がやってらっしゃるお店があるんです」といって始まった話題だ。
 コーヒーは飲まないようにしているし、その時はまず確実に行かないだろうと思っていたのだが、社交辞令として名前や場所を確かめた。

 だが、ちょうどお昼も近く、そばのうどん屋さんの駐車場で開店を待っていても休みのようだったので(翌日、実は開いていたことがわかったのだが)、結局そのカフェに向かうことにした。調べると、ランチも食べられることがわかったのだ。

 確かに素敵なカフェだったのだが、工房の主とはちょっと方向性が違う感じで、どうして熱心に勧めたのかはわからない。
 カフェについてはまた別の機会に。
 ___

 工房 ゆう:田中耕治さん

 〒869-2613
 熊本県阿蘇市一の宮町中通1707

 駐車場の心配はまず必要ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.30

★「徐行」(その2)

 九州を旅行中、公安委員会が設置した「徐行」の標識は、結局一度も見なかった。自宅からフェリー乗り場までの往復を含めてもなかった。

 1週間以上、1300km余(フェリーで往復したので大した距離ではないが)を走ってゼロである。

 いったい「徐行」の看板はどれくらいあるのだろうと前から疑問だったのだが、旅行前の朝日新聞に記事が載っていて、たまたま知ることができた(2016.12.15夕刊)。

 それによると、「止まれ」は約170万箇所、「徐行」は約1千箇所だそうである。「止まれ」が「徐行」の1700倍!だ。

 やはり、「「徐行」の標識を立てるべき場所に「止まれ」の標識ばかり設置」しているのは間違いないようだ。

 単純計算で、「止まれ」の看板は1都道府県あたり平均3万6170本、「徐行」は21本ということになる。それでも「20本もあるの?」という気はするが、見ないはずだ。
 以前書いたように、「あそこにあった」と思い出せる「徐行」の標識は全国で1本しか知らない。

 国土交通省のサイトによると、林道や農道などを除く、道路法第三条に規定された道路の総延長は128万キロ弱だそうで、ならば、異なる道を平均して1280kmほど走るごとに1本の「徐行」の看板に出くわす計算になる。

 それほど少ないのだ。今回私が一つも見なかったのも、偶然ではないことがわかる。

 「止まれ」ならば、自宅から数十メートル以内に数本あるのに(実際、平均すると750m走るごとに1本立っている計算になる。これではおちおち走っていられない)。
 ___

 さて、↑の新聞記事では、東京オリンピックを控え、「止まれ」と「徐行」の標識に英語を併記する内閣府令の改正案を警察庁がまとめたことを報じている。

 「止まれ」は "STOP" でいいのだが、「徐行」が "SLOW" なのには驚いた。

 「道路標識及び信号に関する条約」に定める、赤で縁取りした逆三角形の白い看板(日本の「徐行」の看板とほぼ同じ)は、以前も書いたとおり、英語圏では通常、"YIELD"(米語) か "GIVE WAY"(英語) と表記されている。

 要するに、「あなたに優先権はないので、相手に道を譲りなさい」ということだ。

 それこそがこの看板の本質のはずである。

 たしかに、「徐行」の意味は "SLOW" かもしれないが、それならばこの形式の標識を使うべきではない。

 制定の経緯がよくわからないのだが、日本の「徐行」の看板は、いったいどうすることを要求しているのだろうか。
 ほんとうに「徐行」そのものが目的なら、もっと多く設置されていてもいいはずである(現に、工事現場などでは看板によく「徐行」が使われている)。

 国際条約上は、明らかに "YIELD" や "GIVE WAY" の意味で使われるべきなのに、日本では単に速度を落とすことだけを要求しているから、無駄にぜんぶ止まらせたい交通行政が、すべて「止まれ」の看板にしてしまっているのだろうか。

 そのセンスが、「徐行」を "SLOW" と表記させる。

 1700000 対 1000 というのは、いかにも不自然だ。都道府県あたり平均20本ほど、道路延長1280kmあたり平均1本ほどしかない看板など、そもそも不要だとすら言えるかもしれない。なにしろ、青森から広島くらいの距離を走って1本なのである。

 繰り返すが、ピクトグラムとしてのこの看板の意味は、国際条約上、「相手に優先権があるから道を譲りなさい」なのだ。ゆっくり走ることが本質ではない。

 まあ、英語ネイティブではない外国人には、SLOW のほうがわかりやすいというのは理解できなくもないのだが・・・

 いずれにせよ、外国人観光客が「徐行」の標識を見ることはまずないだろうから、どうでもいいのかもしれない。宝探しのようなものである。

 明日からまた探してみよう。ふだんの私の行動範囲には一つもないと断言できるけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.17

★配偶者の呼称(その2)

 例の新婚の女友達(まだ(もう?)別居中)が、自分や周囲の人たちの配偶者の呼称について、いろいろリサーチしてくれた。

 彼女はやはり、自分の配偶者に言及するときは「夫」という呼称を使うことを意識的に決めたという。ご主人、もとい、お相手の方は、これもやっぱり、「妻」と呼ぶのは落ち着かないらしい。

 匿名とはいえ、あんまり個人的なことをおおやけにするのもなんなので、ここではそれ以上のことは控えておこう。
 自分ではあれこれ考えてきたが、他の人がどう思っているのか聞いたことはなかったので、とても興味深かった。
 ___

 ちょうど職場の忘年会があり、みんなが自分の配偶者のことを何と呼ぶか、いつもより意識して聞いていた。

 女性はやはり、「夫」がもはや一般的になりつつあるようだ。男性で「妻」を使う人もいた。私も思いきって使ってみたが、やっぱり気持ち悪かった。
 いつも「彼」を使っている同僚もいる。昨日も使っていた。でも、いきなり「彼」では誰のことかわからない。これまでも違和感はなかったので、無意識のうちに?文脈を作ってそれとわかるように話しているのだと思われる。

 そうそう、それとは別に、先日、新しい人を採用する面接をやったのだが、その人が最初一度だけ「主人」と言い、その後「夫」に切り替えたのも面白かった(もちろん、こちらから家族の話題や質問は一切出していません、念のため)。
 アラフィフの女性なのだが、その年齢でも正式な場で「夫」を使うようになりつつあるんだなあとちょっと感慨深かった。ごく和やかな面接であったことも関係しているのかもしれない。
 ___

 相変わらず、家人のことを何と呼ぶかは決まらない。相手の配偶者に対しても、「だんなさん」「奥さん」より、もっと適切な表現が欲しい。

 まあ、言語というのは結局慣れなので、そのうちにおのずと決まってくるだろう。
 流行語とは違い、基礎語彙の意味や用法が変わっていくのを目の当たりにできるのはそれほどありふれたことではない。のんびりと楽しもうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.10

★配偶者の呼称

 先日、年下の女友達(新婚!)と話していて、配偶者の呼称について改めて考えさせられた。
 ___

 現代の日本語には、自分や相手の配偶者(結婚相手)に言及するときの適切な呼称が存在しない。

 もちろん、伝統的には、「主人」「家内」「嫁」、「ご主人」「奥さん」「お嫁さん」などの呼び方はある。

 だがどれも、男女平等の時代に適切を欠くのは明らかだ。

 妙にジェンダー・スタディーズに かぶれているうちの息子など、他人の前ですら「主人」や「家内」などという呼称を使うと、後から半ば本気で憤慨したりするので始末が悪い。

 配偶者の呼称については、もう30年以上、折りに触れて考えてはいるのだが、いまだに適切な呼び方は見つからない。

 比較的フォーマルな会話では、今でも「主人」「家内」、「ご主人」「奥さん(様)」が適切としか言いようがないのではないかと思う。

 では、カジュアルな場合はどうか。まあ、目くじらを立てることもないので、たとえば相手の配偶者に対して「奥さん(様)」というのは、通常は許容されていると思う。息子も許してくれるかもしれない。

 だが、「ご主人」はダメだ。では、どう言えばいいのか?
 ___

 知り合いとの会話を思い出してみると、男性は自分の配偶者のことを、「かみさん」「うちのやつ」「嫁はん」「奥さん」「連れあい」などと呼んでいる。すでに言及されていれば「あの人」などもある。(後記:あ、「ワイフ」と呼ぶ人もいた。)
 相手の配偶者は、ほとんどの場合、「奥さん」だ。

 女性とプライベートな会話をする機会はほとんどないのでわからないのだが、女性は自分の配偶者のことを何と呼んでいるんだろう。「主人」「亭主」「うちの人」「うちのだんな」などだろうか。直接は知らないが、「鈴木が」などのように姓で呼ぶ場合もあるようだ。(後記:さすがに「ハズバンド」と呼ぶ人は見たことがない。あ、「ハズ」なら間接的に見聞きしたことはある。)
 相手の配偶者が困る。私はたぶん、「ご主人」を避けて「だんなさん」と呼んでいるのではないかと思うのだが、それだって「旦那」である。だいぶ価値が下がった言葉だとはいえ、「主人」と大差ない。
 あ、「(お)相手」と呼んだことはありそうだ。

 最近は、「お連れあい」などという人もいる。苦肉の策だろう。
 ___

 このブログで、私は一貫して自分の配偶者に「家人」という語を使ってきた。もう10年以上になる。これはまあ許されるか。

 しかし、話し言葉で「家人」などと言うことはまずない。カジュアルな会話では、なんと「嫁はん」である。関西の旦那衆や芸人のような言葉だが、「家内」を使わないとすると、他に思い浮かばない。

 家人とふたりでああでもないこうでもないと考えても、適切な呼称は出てこなかった(もちろん「嫁はん」も不適切であることに変わりはないのだが)。

 尊敬する先輩方に倣って、「うちのやつ」とか「かみさん」とか言ってもいいのだが、後者は何だか江戸っ子みたいな感じがする。でなければ刑事コロンボか。
 「連れあい」は私にはとても使えない。
 ___

 件の女友達(新妻!)は、自分の配偶者のことを「夫」と呼んだ。

 日本語としては伝統的でも適切でもなく、結婚して間もない個人としてはまだ慣れていないはずのその呼称を使うとき、彼女から、違和感や戸惑いや恥じらいはほとんど感じられなかった。
 おそらくは、人前で自分の配偶者のことをそう呼ぼうと、どこかの段階できっぱりと決めたに違いない。
 あるいは、ごく自然にさらりと出た言葉なのだろうか・・・

 家に帰ってから家人に聞くと、家人も私のことを「夫」と呼ぶことにしているということだった。そういえば、ふたりでいるときに他人にそう紹介されたことが何度かあるような気がする。
 まあ無難な選択で、これが耳慣れてくれば、結局そこに落ち着くのだろうか。

 だが、「妻」という呼称はどうもしっくりこない。それには家人も同意見である。

 じゃあ、なんと呼べばいいんだろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧