« ●近すぎる秘境(その2) | トップページ | ●スーパーサイズミー »

2005.11.15

●内臓肉と脂肪を混ぜて「ステーキ」

 ビーフステーキを中心メニューにチェーン展開している外食産業の「フォルクス」が、なんと、

「内臓肉と牛脂を食用のりでつなぎ合わせた「成型肉」を使って」(asahi.com)作った料理

を、ただし書きすらなしに「ステーキ」として販売していたとして、公正取引委員会から排除命令を受けたという。

 何を使っているかわかったものじゃないので、以前からハンバーグなどはなるべく外で食べないようにしているのだが、まさか「ステーキ」までこんな恐ろしいことになっていたとは・・・

 もう2度とフォルクスには行くまい。

|

« ●近すぎる秘境(その2) | トップページ | ●スーパーサイズミー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

最近のお肉のつくりかたは本当に理解を超えます。

どうやって「個人の選択」?豪州産に別産地の牛脂を針で注入
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/fffd28f8ee475fc392907cea2806b80b

【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官見積(=年間30万トン?)
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/c35a71a82981c6c137518f281eb161c0

投稿: 最近のお肉の作りかた | 2005.11.16 12:41

コメントありがとうございます。
いいブログをお持ちですね。勉強になります。

投稿: Wind Calm | 2005.11.19 11:34

株式会社フォルクス管理本部の者です。
ブログを拝見させていただきました。

このたび公正取引委員会より受けました排除命令で、
お客様にご心配とご迷惑をおかけしましたことを、
心よりお詫び申し上げます。

ご説明申し上げますと、成型ステーキはこれまで
30年以上にわたり、外食業界では一般に使われてきました。
しかしその多くは、決して一部報道のような「端肉の寄せ集め」
などではなく、「いかにステーキの味を良くするか」という
工夫から生まれたものです。

しかし、近年のトレーサビリティーの確立や、商品の情報
公開が進む時代の流れに対する理解が足りず、加工表示の
不備で指導を受けましたことは、誠に恥じ入るばかりです。
今後は、積極的な情報開示を進めてまいります。

今回の経緯と成型ステーキの歴史や背景、製造法などに
つきまして、当社ホームページでご紹介するコーナーを
設けておりますので、ご参考いただけましたら幸いです。
http://www.volks-steak.co.jp/news/0511/Newsrelease051119.htm

投稿: 株式会社フォルクス | 2005.11.23 18:17

 Webサイト詳しく拝見しました。
 うーん、しかしながら、開き直りというかヤブヘビというか・・・
 今回の「ステーキ」は食べたことないのでセーフかと思っていましたが、ずいぶん昔に「ワゴンステーキ」を2〜3度食べたことがあります。あれも同じものだったんですね・・・
 つゆほども疑わず、ふつうのステーキだと思って食しておりました。けっしておいしくはありませんでしたが。
 内臓肉は食べないようにしているのですが、知らずに食べさせられてたわけですね。まあ、それが横隔膜だったことがせめてもの救いですけど。

投稿: Wind Calm | 2005.11.23 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●内臓肉と脂肪を混ぜて「ステーキ」:

» フォルクス 内臓肉混ぜた合成肉を「ステーキ」 [1000円以内!東京トンカツ食べ歩き]
みなさんもうご存知でしょう、このとんでもない事件。 内臓肉と脂肪混ぜ「ステーキ」フォルクスに排除命令 http://www.asahi.com/national/update/1115/OSK200 今回、一般消費者の立場からこの事件に一言いいたいと思います。 今回の大手ステーキのチェーン店のフォル... [続きを読む]

受信: 2005.11.19 05:30

» 注射針とス [toriconet]
注射針とステーキと。 [続きを読む]

受信: 2006.03.08 01:02

« ●近すぎる秘境(その2) | トップページ | ●スーパーサイズミー »