« ◆「年収1千万円」の凄さ | トップページ | ★MacBook 系のキーボードに不具合 »

2019.11.29

●「ええこと」

 おお、11月の記事がひとつもなくなるところだった。

 もし1か月間ココログを更新しなければ、スタートした2004年1月1日以来、初めてのことであろう。
 近年はtwitterがあるからまあいいのだが、「1か月ここに書き込みがなかったら死んだと思ってください」というようなことをかつて書いたような気がする身としては、そうならずにすんでよかったと思う。

 ひとごとながらご休心ください。通常通り生きております。

 さて、11月はゼロ・・・にならずにすむ書き込みを、うれしい気持ちで記すことができて感謝している。
 ___

 もう10年以上も前、親戚の葬儀が続いたときに、

親戚が顔を揃えるというのは、ほとんど葬儀・法要という感じになってしまった。会うたびに「なんかもっとええことで会えたらええのになあ」という声を聞くが、われわれ庶民に「ええこと」なんてそうあるものではない。

 と書いたことがある。

 その後ももちろん「ええこと」などなく(親戚にはあったかもしれないが)、葬儀やら法要やら、その手前の病気やら入院やらが続くばかりであった。

 幸いというか、本人の身にふりかかったことに限れば、家族3人にはそれほど悪いことが起こったわけではなく、「ええこと」がないだけで暮らしてきた。
 まあ、「無事是名馬」だろうと、自虐的に慰めにしている。

 そんな中、今日、「ええこと」の知らせが舞い込んできた。

 大学院修了後、2年間も就職浪人していた息子に、某地方自治体からの「最終合格通知」が届いたのである。

 通知には理不尽にも、「
職員採用候補者名簿」に登録されるだけで「職員採用の必要が生じなければ採用しない場合があります」などと書いてある。
 せっかくの大きな喜びの中に、不安ばかりがふくらんでいく。

 あんまり気になるので、別の自治体の人事課にいたこともある知人に聞いたところ、「4月1日付採用でないことはままあるが、年度内に採用されないという例は聞いたことがない。地方自治体がそんな理不尽なことをして許されるはずがない」という趣旨のお返事をいただき、ひとまずは安心した。

 それにしても、「最終合格通知」に「採用しない場合があります」なんて、学校でいえば「合格しましたが入学できるとは限りません」と同じで、無茶苦茶だと思うのだが、地方公務員の採用というのはそういうもののようで、ほんとにこの国の役所というやつは・・・という愚痴(というよりは正当な怒りだと思うのだが)は、今日に限ってはやめておこう。

 庶民にもたまには「ええこと」があるのである。これでやっと、少しは子離れもできる。

 まあ、学校を出れば就職をするのはふつうのことだし、特段「ええこと」ではないのかもしれない。
 それに、就職したらしたで、いろいろ苦しいことやつらいこともあるんだろうけれど、人生とはたぶんそういうものだし、取り越し苦労をしても仕方がない。

 息子の未来に幸あれと願う。

|

« ◆「年収1千万円」の凄さ | トップページ | ★MacBook 系のキーボードに不具合 »

育児」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

教育・育児」カテゴリの記事

コメント

とりあえず「職員採用候補者名簿に登録」おめでとうございます。
そんなひねくれた通知が来るんですね。万一何かあった場合に、責任取らないで済むことを第一に考えた表現なんでしょうか。
税務官監査の後に税務署から届く、不正の な取引があったとことを認めない、というような意味不明な通知と同じ匂いを感じます。
お役所仕事は、まぁ、そんなもんなんでしょう。

投稿: iyota | 2019.11.29 21:06

 ありがとうございます。
 「万一何かあった場合に、責任取らないで済むことを第一に考えた表現」・・・まさにそのとおりでしょうね。
 それにしても、大学なんかが「最終合格を通知します。入学候補者名簿に名前を搭載しますが、入学させない場合があります」なんて通知を送ったら、あっという間に大ニュースになって「炎上」すると思うのですが、公務員採用の現場でこんな文言が大手を振ってまかり通っているのを異常に思います。
 息子もすぐに「お役所仕事」の片棒を担がされることになるわけですが、個人の力で改革は難しいにしても、少しずつでもまともになるよう力を尽くしてほしいものです。

投稿: Wind Calm | 2019.11.29 21:58

 私も今から42年前の冬に、大阪府の採用試験の2次試験が終わってしばらくしてから「採用候補者名簿に登録」された、という連絡をもらいました。ただし、それが「決定ではない」という但し書きが、明確に記されていました。
 どうなるのか、一日千秋の思いで気を揉む日々を過ごしたものです。
 幸い、年末に新設だという配属先の長との面談が設定され、年明けから新設ゆえの業務の一部が依頼され、4月から正式に赴任となりました。
 そんなものだと聞いていたし、そんなものだと思っていました。
 半世紀近く経った今でもそうなのですね。
 いずれにしても、実際には「決定ではない」という但し書きは、まさかのことを考慮しての文言だと聞きました。
 なにはともあれ、おめでとうございます。

投稿: genjiito | 2019.11.30 01:43

 おお、ご丁寧にありがとうございます。
 大昔の(失礼)先生の場合もそうだったんですね・・・
 合格者の心情を理解しない、万一の場合の責任逃れだけを考えた、ほとんど非人間的な文言だと憤りを感じます。それが半世紀以上も続いているとは・・・
 それだけではなく、来年度内の採用はほぼ確実ながら、実際に、4月1日付で採用されない可能性はけっこう高いらしいのです。知人は翌年1月になったとおっしゃっていました。
 定員管理か何か、役所的な事情があるのだとは思いますが、ぜひ改善していただきたいものです。

投稿: Wind Calm | 2019.11.30 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆「年収1千万円」の凄さ | トップページ | ★MacBook 系のキーボードに不具合 »