« ■入院・手術は月初めに | トップページ | ●親離れ子離れの春 »

2020.02.09

◆息子が退院しました

 お蔭さまで息子が退院しました。

 まだ碌に口もきけず、腫れで下ぶくれ状態、食べられるのはせいぜいお粥やシチュー(肉抜き)という状況ですが、いたって元気です。

 ・・・と書いたところで、風呂場から呼び出されました。四肢や背中に薬疹と思われる発疹が出ています。

 私も痛み止めの湿布で薬疹が出て、ステロイドの内服薬を飲み始めたところでした。

 調べた資料には「成人後に後天的に獲得され、家族内発症はほとんどなく、(非ステロイド性抗炎症薬)不耐症獲得の機序は不明である」とあり、体質が遺伝しているというのではなく、息子の原因は別、あるいは、原因は同じでも発症は偶然かもしれません。

 私自身、この2週間ほどの間に予防接種・整形外科・内科・眼科・皮膚科とハシゴしつつ、入院している母親と息子を見舞っていて、なんだか病院が生活の一部になってしまっています。

 この状態が早く終息することを祈っております。

|

« ■入院・手術は月初めに | トップページ | ●親離れ子離れの春 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

教育・育児」カテゴリの記事

コメント

お~、退院おめでとうございます、と思ったところで湿疹とは。まあしかし元気ならば何よりですが。
病院が生活の一部ってなんだか暗くなっちゃいますよね。一刻も早い終息宣言をお待ちしておりますよ。

投稿: tanuki | 2020.02.10 09:33

ありがとうございます。
本日、私と同じようなステロイドの内服薬とローションをもらっていました。おそらくはそれで落ち着くと思います。
それにしても、私は皮膚科で塗り薬を処方してもらったのですが、塗るべき範囲が広すぎて使いづらく、実際にはほとんど使っていません。
ローションは歯科医が処方したのですが、歯科医の方が「わかっている」感じがして不思議です。

投稿: Wind Calm | 2020.02.10 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■入院・手術は月初めに | トップページ | ●親離れ子離れの春 »