« ■いきなりの初夏 ──近況のご報告 | トップページ | ■ BDⅡ32-6.5XD(KOWA)購入 ──何度目かの双眼狂 »

2020.05.06

■はじめて買う低コスト双眼鏡

 実にひさしぶりに双眼鏡に関するご質問をいただきました。

 最初に記事を書いてから15年!あまり、需要が少なく儲けも少なく、したがって進歩も少ない双眼鏡ですが、さすがに「ひと昔」感はあります。

 この間に一番大きく変わったのは、防振双眼鏡の地位が上がった(それに伴い選択肢が増えた)ことと、いわゆる「価格破壊」が起こったことでしょうか。

 15年前には、間違っても7千円以下の双眼鏡はお求めにならないようにと書きましたが、今なら実質7千円程度で買える素晴らしい双眼鏡(YF30-8)も(たぶん)2011年に発売されました(発売当初はそんなに安くはなかったでしょうが)。

 このような状況を踏まえ、ごく低価格(いちばん高価なものでも1万5千円未満)で購入できる双眼鏡のリストを作成しました。

 おもに、はじめて「まともな」双眼鏡を購入なさる方が対象です。

 とはいえ、いちおうはベテランである私も、YF30-8 と 遊 4x10D CF は実際に購入して使用しております。
 特に前者は、3万円5万円の「ふつうの」双眼鏡をお考えなら、それをやめて買うくらいの価値はあります。なにしろ、1万円未満で同等の(としか思えない)性能が手に入るのですから。

 ただ、残念ながら、防振(手振れ防止機能付き)双眼鏡はこの価格帯にはありません。

 低価格防振ですと、5万円前後で売られている 8x20 IS や 10x30 IS II(いずれもキヤノン)がお勧めです。ただ、前者はリチウム電池 CR123A ×1を使用しますので、ランニングコストがかかりそうです。後者なら充電式の単三電池 ×2が使用可能です。
 すでに製造を終了している 8x25 IS(キヤノン)も3万円程度でまだ販売されていますが、これも電池は CR123A です。それほど頻繁にお使いにならないのなら、在庫のあるうちにお求めになるのも一案かもしれません(もちろん、予算に余裕があれば、新製品の 8x20 IS でも)。

 さて、いよいよ本題、「はじめて買う低コスト双眼鏡」のリストです。

 残念ながら?お勧めトップの YF30-8(KOWA)は、先月!YFII30-8 に衣替えし、その新型は現在の実売価格が旧型の倍くらいになっています(それでも1万5千円未満ですが)。

 変更点は、ほぼ色のみです。
 それ以外に、3000円以上するアダプタを使えば三脚が使用可能(プラス、5000円以上する別のアダプタを使えるスマートフォンを持っていれば写真撮影も可能(三脚を使用しないなら旧型でも一応は可能です))になっていますが、対応するスマホを持っていて写真撮影を重視するという方を除けば、それほど意味があるとは思えません。

 色にこだわりのある方(ベテランはこだわるでしょうね・・・)以外は、在庫のあるうちに旧型を買うことをお勧めいたします。
 _____

・オールラウンド:YF30-8(KOWA)
           欠点は最短合焦距離5m。6倍のもあります。

・小型軽量:SV25-8(KOWA)
        コンサート・観劇などにもお勧め。
        10倍のもあります。
     :UP 8x25 WP(ペンタックス)
        同上。10倍のもあります。
     :UP 8x21(ペンタックス)
        子ども用・眼鏡不可

・超小型軽量:遊 4x10D CF(ニコン)
         博物館・美術館などにお勧め。おしゃれ?

・超近距離:Papilio II 6.5x21(ペンタックス)
        花や虫の観察にお勧め。8.5倍のもあります。

・天体(星)観察:BK-7050(ミザール)

|

« ■いきなりの初夏 ──近況のご報告 | トップページ | ■ BDⅡ32-6.5XD(KOWA)購入 ──何度目かの双眼狂 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

バードウォッチング」カテゴリの記事

環境・自然」カテゴリの記事

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんばんは。
コンサートで使用する双眼鏡を探しておりまして、こちらのサイトに辿り着きました。
リストを拝見してYF30-8(KOWA)がとても気になりました。
仕様を調べましたらアイレリーフが16mmとのことでしたが眼鏡着用の場合、16mmあれば大丈夫でしょうか?
また、コンサート目的だと6倍とどちらがお勧めですか?
お時間のある時にでも回答いただけると幸いです。


投稿: 三毛猫 | 2020.05.07 00:09

わああ、悪魔のささやき。
パピリオ熱が再燃しそうです、なまねこなまねこ。(笑)

投稿: tanuki | 2020.05.07 12:30

追伸
家庭平和のため、双眼鏡の記事は自粛して下さい。(笑)

投稿: tanuki | 2020.05.07 12:32

 三毛猫様
 こんにちは。
 YF30-8、実際に購入して使用しております。私自身、眼鏡をかけておりますが、16mmというのは、「ちょうどOK」という数字だと思います。もっとも頻繁に使用している、キヤノンの10×42 L IS WPも16mmですが、不満・不便はありません。
 どんな眼鏡をどのようにおかけになっているかが影響しますので、一概には言えませんが、たぶん大丈夫といったところではないでしょうか。もし気になるようでしたら、(可能であれば)実際に店頭で覗いてみることをお勧めいたします。
 6倍か8倍かは悩ましいところですね。観劇なら視野の広い6倍もいいかもしれませんが、コンサートでしたら8倍のほうがいいでしょうか。この機種は6倍と8倍でそれほど大きくは実視界が違わないこともあり、私なら8倍を購入する(というか、した)と思います。
 ただ、6倍はアイレリーフが20mmあり、これなら周辺の視野がケラレる心配はありませんね。旧型の6倍はすでに品薄のようで、所有欲もそそられますし・・・
 アイレリーフを気になさっているあたり、初心者ではないと拝察いたしますが、8倍より6倍の方が手振れの心配が少ないのもプラスポイントですね。

投稿: Wind Calm | 2020.05.07 12:51

 tanuki様
 読者の方の質問に触発されてあれこれ見ているうちに、とんでもないもの(というのは大げさですが)を買ってしまいました。
 だいぶ悩んでからも、購入の手前で踏みとどまって寝ようとしたのですが、
・ヨドバシやアマゾンより安い
・1000円クーポンが使える(家人のみ)
・キャッシュレス5%還元
・息子が一台持っていった
ことなどが背中を押し、夜中の3時前にポチってしまいました。
 特に、最後の理由で「1台減ったし」というのは、いい言い訳になりました(笑)
 買ってしまった以上、届くのを楽しみにしていますが、(お金は払うにしても)家人になんと言い訳すればよいか・・・

投稿: Wind Calm | 2020.05.07 12:58

 追伸:
 無頼・不埒の輩ゆえ、「自粛」とは無縁です(笑)

投稿: Wind Calm | 2020.05.07 13:02

こんにちは。
早々のご返信ありがとうございます。
実際に眼鏡をかけて使用している方のお話を伺って
ますますYF30-8が気になります。
6倍か8倍か本当に悩ましいところです。
このクラスの機種でも6倍か8倍かで手振れの心配は
あるものなのでしょうか?
また、Wind Calm様が8倍の方を選ばれた理由というのは
どのような事からですか?
「この機種は6倍と8倍でそれほど大きくは実視界が違わないこともあり、
私なら8倍を購入する(というか、した)と思います。」と書かれていらっしゃいましたが
素人のためよく分からず、すみません・・・。


投稿: 三毛猫 | 2020.05.07 18:07

 三毛猫様
 通常、双眼鏡の標準倍率は8倍だとお考えください。
 私は10倍が好きなのですが、視野が若干狭くなり、慣れないと手振れが気になります。
 現在常用しているキヤノンの双眼鏡は10倍ですが、手振れ防止機能がついているので、問題ありません。
 8倍未満の倍率を選ぶのは、
・小型軽量
・明るい
・最短合焦距離が短い
・視野が広い
・手振れが少ない
などがよくある理由だと思います。
 YF30の場合、6倍でも8倍でも大きさはまったく同じで、重さもほとんど変わりません。
 明るさはもちろん6倍の方がいいのですが、8倍でも十分な明るさがあります(コンサートや観劇なら余裕です)。
 最短合焦距離は6倍でも8倍でも同じです。
 実視界ですが、8倍は7.5度、6倍は8度です。これが、「それほど変わらない」と申し上げた理由です。
 以上を考えると、積極的に6倍を選ぶ意味はあまりないと思います。強いて言えば、「手振れが少ない」ですが、8倍であればそれほど気にする必要もないでしょう。それ以外の6倍のメリットはアイレリーフとちょっとしたレア感ですね(笑)
 (実は、今回私が購入した(まだ届いていない)双眼鏡は、同じKOWAのBDⅡ32-6.5XDという6.5倍のものなのですが、これの実視界は10度あります。8倍のものは8.8度で、それでも驚くような広視界ですが、10度という類例のほとんどない双眼鏡が欲しくて、半ば衝動買いしてしまいました。)

投稿: Wind Calm | 2020.05.07 20:22

Wind Calm様
丁寧に回答いただきまして、ありがとうございました。
とてもわかりやすい説明で納得です。
YF30-8を購入しようと思います。
こちらで相談出来て本当に良かったです。
(KOWAのBDⅡ32-6.5XDなんだか凄そうな機種ですね!)

投稿: 三毛猫 | 2020.05.08 00:06

 よき双眼鏡ライフをお祈りいたします。
 コンサートだけでなく、海や山や花や鳥や月や星など、さまざまなものをご覧になってみてください。

 BDⅡ32-6.5XD、届くのを楽しみにしています(笑)
 期待が大きすぎてがっかり・・・とならなければいいのですが・・・

投稿: Wind Calm | 2020.05.08 09:38

Wind Calm様
YF30-8を購入するとお伝えしたばかりなのに
何度も質問してしまい本当にごめんなさい。
防振双眼鏡の事がどうしても気になってしまい・・・。
色々なメーカーの機種がありますが、やはりキヤノンが
お勧めですか?
8x25 ISや8x20 ISだと少し口径が小さいのと
アイレリーフが短いので眼鏡でコンサートには
向かないのかな、と。
そうなると10x30 IS IIですが、防水仕様ではないのと
アイレリーフが14.5mmと言うのがどうでしょうか?
これより上の機種ですと予算的にも大きさ・重さに
関してもちょっと厳しいです。
実際に防振を使用している人の感想を見ると「もっと早く
買えば良かった。」とか「一度防振を使うともう普通の
双眼鏡には戻れない。」などとあり、凄く気になります。
長々とすみませんでした。
お時間のある時にでもご返信いただけたら嬉しいです。

投稿: 三毛猫 | 2020.05.08 17:14

 お蔭さまで私の方がひさしぶりに双眼鏡を楽しんでおりますので、ご心配なく。
 YF30-8は、ヨドバシで6500円(ポイント還元後)くらいですし、とりあえずと言ってはなんですが、それをお求めになるのがいいのではないかと思います。私も、今回BDII32-6.5XDを買ってから、YFが5台以上買える!と気づいて、そうすればよかった(と思わないまでも(笑)、うわ、もったいなかったかなあ・・・と考えてしまいました)。
 kakaku.comに双眼鏡・単眼鏡は800種類近くあがっていますが、防振双眼鏡は21しかありません。
 もっとも安いのは8x25 IS(キヤノン)ですが、それでも3万円近くしますし、さすがに古さを感じます。覗かせていただいたこともありますが、光学性能はYFのほうが数段上だと感じます。ランニングコスト(電池はCR123A)もかかります。
 8x20 IS(キヤノン)はお勧めですが、ランニングコストは同様、また、おっしゃるとおり、口径が20mmと小さいのもネックです(コンサート等ではやや暗いかもしれません)。
 実売10万円以下の製品から選ぶなら、やや重くて大きくなりますが、私なら10x30 IS II(キヤノン)を選ぶでしょうね。この製品は口径も30mmあり、単三充電池が使えるのも大きな利点です。ただ、これだとYFが8個買えます(笑)
 以上どれも、アイレリーフが13.5-14.5mmと、微妙ですね。眼鏡の種類やかけ方によっては、周辺の視野が欠ける可能性があります。
 私はキヤノン以外の防振双眼鏡を使ったことがありませんので、他のメーカーのことは存じませんが、キヤノンは歴史も長く、力を入れている(キヤノンの双眼鏡はすべて防振です)ので、間違いないと思っています。他のメーカーのもキヤノンとくらべて安くありませんし、すべて逆ポロ(対物レンズ同士の距離が近い)のため、立体感が得にくいのではないかと推察します。
 私がもっとも愛用しているのは、10x42 L IS WP(キヤノン)で、大きくて重いのですが(2回修理したことを除けば)これは素晴らしい双眼鏡です(そうそう、防振双眼鏡は故障します(笑))。
 確かに、防振双眼鏡を使うと元には戻れないというご意見もありますが、私はたぶん10個ほど双眼鏡を持っていて、防振は1つだけです。昨日も今日も、防振ではない双眼鏡を使いましたが、それはそれで十分実用的でした。今度買うBDIIも非防振です。
 再度結論ですが、双眼鏡は防振に越したことはありません。ただ、大きさ重さ・光学性能・コスト等を総合的に考えると、なかなか悩ましいところかと思います。
 YF30-8をお勧めいたしますが、ご予算に余裕があるのであれば、むしろ、私が今回購入したBDII32XDをお考えになってはいかがでしょうか。6.5倍か8倍かはお好みで。性能は折紙付きですし、デザイン的にも、コンサートや観劇など室内使用での違和感が少ないと思います。

投稿: Wind Calm | 2020.05.09 01:10

 BDII32-6.5XD、届きました。
 初めて8x30E II(Nikon)を覗いたときの感動には欠けますが、やはり広視界の双眼鏡は気持ちいいですね。
 ただ、BDII、周辺視野はかなり甘いです。YF30-8と比べても大甘。しかしながら、そもそも肉眼自体の中心視野が5度ほどしかない上に、周辺のものを見たいときにはそこが中心になるように双眼鏡を動かしますから、個人的には周辺視野はあまり重視していません。星見を中心になさる方だと、「周辺の星が流れる」(この機種の場合は「ボケる」感じですが)のを嫌うかもしれません。
 6.5倍という双眼鏡は初めてなのですが、持ちやすさも相まって、これだと防振がなくても大丈夫そうです。8倍だと防振があった方が格段によくなりますが、6.5倍だと「総合的に考えれば」防振は不要かもしれません。
 その意味では、YF30-6(6倍)もいい選択ですね。もしご予算に余裕があるようなら、BDII32-6.5XDをお勧めします。YF30-8と比べると60gしか重くありませんが、塊感があってずしりと重く感じます。
 個人的には、"Prominar" と呼ばれなくなっていることと、ピントリングの赤い縁取がないことが少し残念です。どうでもいいようなことですが(笑)

投稿: Wind Calm | 2020.05.09 16:57

こんばんは。
防振双眼鏡についてのアドバイスありがとうございます。
Wind Calm様の言われるように総合的に考えて、防振では
なく普通の双眼鏡を購入しようと思います。
BDII32-6.5XDが届いたのですね。
周辺視野はかなり甘いとのことですが、私のように主な
使用目的がコンサートの場合でも(ステージ全体を見る
よりも一人だけに焦点を当てて見る感じです)問題なく
使うことが出来る機種だと思われますか?
YF30-8が破格なのでとても惹かれるものがありますが
デザイン的にはBDII32-6.5XDの方が好みです。
あと、BDIIの8倍だと防振があった方が格段に良くなると
書かれていますが、実視界のことも含め、6.5倍の方が
お勧めということになるのでしょうか?
BDIIにも興味が出てきてしまいました(笑)

投稿: 三毛猫 | 2020.05.10 00:02

 双眼「狂」の世界へようこそ ^^;
 失礼ながら、三毛猫様は素質有りと見ました。数年後には双眼鏡を5つくらいお持ちになっているかと存じます(笑)
 ↑にも書きましたが、私は周辺視野をあまり気にしていません。そもそも、人間の眼自体が中心にしかピントが合わないので、意地悪く欠点を探そうとしなければ、双眼鏡を覗いただけでは周辺の甘さに気づけません。ですので、コンサート等ではまったく問題ないと思います。
 倍率ですが、「一人だけに焦点を当てて見る感じ」なのであれば、8倍のほうがいいという気もします(BDII、すでに8倍も欲しくなっています ^^;)。そうすると若干手振れが気になってきて・・・と、また悩ましい状態になりますね。
 今回、6.5倍であちこち覗いてみて、8倍と比べて手振れが気になりにくいのにちょっと驚きました。8倍未満の防振双眼鏡が存在しないのも納得です。kakaku.comに上がっている21種の防振双眼鏡のうち、1/7(3種)が8倍、6/7(18種)が10倍以上ですね。もちろん、8倍でも防振に越したことはありませんが、私は10倍の非防振もふつうに使っておりますので、慣れの問題が大きい面もあります。
 さて、今後使用していくにあたり、愛着がもてるかどうかも大きな要素です。気に入ったものを購入した方が、あとあと後悔も少ないですよね。
 コンサート用として、大きさ重さも予算も周囲からの視線もまったく気にならないのであれば、私は自信をもって10x42 L IS WP(キヤノン)をお勧めします(たまに故障しますが)。
https://trinity.air-nifty.com/divine/2009/02/post-d55b.html
 それを除き、これまでの諸々の条件を総合的に考慮して最終的にお勧めするのは、
・10x30 IS II(キヤノン)
・BDII32-8XD(KOWA)(32-6.5でも42-8でも)
・YF30-8(KOWA)
でしょうか。ただ、BDひとつでYFが5台以上、IS IIだとYFが7台以上買えます。
 私なら、とりあえずYFを買ってみて、さらに欲しくなったらBDIIやIS IIを考えます。そのようにして、数年後には5台・・・ということになると思います(笑)

投稿: Wind Calm | 2020.05.10 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■いきなりの初夏 ──近況のご報告 | トップページ | ■ BDⅡ32-6.5XD(KOWA)購入 ──何度目かの双眼狂 »